L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

恋愛0キロメートル 感想

おすすめ度:★★★★★☆☆☆☆☆
タイトル恋愛0キロメートル
公式ジャンルドキドキ家族生活恋愛AVG
フィーリング笑い
メーカーASa Project
脚本家天都・十全・廣瀬一貴
発売日2011年10月28日
主人公振り回され系リア充次男坊
ストーリー
★★★★★☆☆☆☆☆
文章表現
★★★★★★☆☆☆☆
キャラクター
★★★★★★★☆☆☆
読み易さ
★★★★★★★★★☆
CG
★★★★★★★☆☆☆
サウンド
★★★★★★☆☆☆☆
ゲーム性
★★★★☆☆☆☆☆☆
おすすめ度
★★★★★☆☆☆☆☆

---{▼概要}-------
『恋愛0キロメートル』(れんあいぜろキロメートル)はASa Projectから発売されたアダルトゲーム。2013年1月31日にはアルケミストからPlayStation Portableへの移植版『恋愛0キロメートル Portable』が発売された。こちらは18禁描写が無い代わりに、オリジナルのヒロイン5人に加え、新規ヒロインを2人追加。更にサブキャラであった矢崎夕空と氷室屋灰がヒロインに昇格し、攻略が可能となった。
---{▼あらすじ}-------
主人公・矢崎京一の家族は母親のいない4兄弟の家族、対して隣に住む木ノ本家の家族は父親のいない5姉妹の家族である。矢崎家は女の子を、そして木ノ本家は男の子が欲しく、両家の親はそれぞれ一人を3か月間だけ隣の家の子と交換するという無鉄砲な案を出し、矢崎家は京一を、木之本家は次女・咲耶を交換することとなった。かくして木ノ本家へ来た京一は、それぞれクセの強い木ノ本家の女性達に振り回されることとなる。
(wikipediaより)
---{▼感想}-------
↓ひと目でわかる恋愛0キロ ※ヒロインの一人
nokia44
あらすじの通り”家族交換”が本作の肝ですね。攻略対象が(仮の)姉・妹たちのみ、という点はかなり特殊だったと思います。

おすすめの攻略順は
乃来亜マヨ実咲咲耶 かな。
PC版でプレイしたので新規ヒロインはわかりません(´・ω・`)

▶良い点
・パロディやメタネタ多めの笑えるエロゲとして良作
・ギャグ顔のインパクトが強め(主に乃来亜)

▶残念な点
・各√でシナリオライターが異なり、格差がある
・「はぁ・・・何してるんだ俺は」を連発する主人公

---{▼以下ネタバレ注意}-------
renai022
▶各ルートとキャラ
---【シナリオライター】-----------------------
天都 (企画原案) : 咲耶 / 実咲 担当
十全 : 乃来亜 / 華 担当
廣瀬一貴 : マヨ 担当
     ※ 共通パートは三者による合同執筆
-----------------------------------------
天都氏の脚本がズバ抜けてました。ギャグも笑えるし、本筋も感動するし、捻りが加えられていて面白いです。十全氏は月並み。廣瀬氏は・・・酷い。

(△) 乃来亜√
・・・乃来亜1番好きだけど他ルートの方が輝いてました。なぜかこの√だけ部長という性悪キャラが登場。乃来亜も本田もつまらないまま。主人公は発情しっぱなし・・・(~-~;)

(△) 華√
・・・主人公の悪行が目立つルート。突発的にヒロインを怒鳴りつける、いきなり唇を奪う等、あまり賞賛できない事が多かった。あと(そんなに長くはないけど)父母の回想劇が苦痛でした。

(×) マヨ√
・・・ラブレター大作戦までは◎。その後、妹たちの眼前で告白を決行⇒悪ぶれる様子無く爛れた性生活へ突入するのはいかがなものか。また、このルートは華が男にイチャモンをつけられた事を通じて成長し、その成果を校内演説で披露するというシナリオなのですが・・・残念ながらその演説が赤の他人を巻き込んだ愚痴話にしか聞こえぬ(’A‘;)そもそもマヨ姉の存在意義が謎でした・・・。

(◎) 咲耶√
・・・ギャグ冴えまくりのオナニーキング咲耶√。挿入曲乱発にダミーED等、本作最も気合の入ったエピソード。夕空の秘密が判明する√でもありました。ニヤニヤと感動を同時に味わいながらの幕引きがグッド!これ最後に回しても良かったなーと思った。

(○) 実咲√
・・・実は第一幼馴染なアヘ顔ハンター実咲√。内容的に本妻っぽいですね。氷室屋の想い人が判明する√でもありました。コミカルですが感動重点。あと一番エロい。

蛇足。
・なんで氷室屋攻略出来ないんじゃああああああああと思ったらPSP版でヒロイン昇格でしたか。でも評判はあまり芳しくないご様子。うーん・・・シナリオ天都氏ならなー。
・BGM・主題歌が割とお気に入り。特にエンディングの『Re-start!!』良くないですか!?(^^)

【あなたにおすすめ作品】
◆ つよきす
関連記事
web拍手 by FC2

Comment

コメントする





管理者にだけ表示を許可する

Trackback

©2019 ぶっきら感想文庫