L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

【企画】”アウトライターズ・スタジオ・インタビュー”参加

アニメブロガーへ14の質問
autoraita10
「物理的領域の因果的閉包性」さんのインタビュー企画。有難い事に、ぶっきらが『アウトライターズ・スタジオ・インタビュー』のゲストとして招かれました。尻尾をブンブン振って参加してきました(・∀・)

---{▼私のインタビュー記事}-------
↓コチラ↓
アウトライターズ・スタジオ・インタビュー 第58回 「ぶっきらさん」

---{▼インタビューを受けた感想}-------
非常に多くの方が回答されているこのインタビュー。各々のブロガーさんが熱く語っていらっしゃいますので、好きなブログを探すのにはもってこいの企画だと思います。ブロガー同士の交流自体稀少な事ですので、私にとって本当に有り難かったです(゜ ゜*)
質問の内容は、下記の通りですが・・・・ブログ開始当時を振り替えさせられる質問が多くて、結構恥ずかしかった(笑) 後々黒歴史として効いてくると思います。いやん。

---{▼インタビュー内容}-------
1. アニメを好きになったきっかけを教えてください。
 深みにハマっていったのは1999年前後。『デ・ジ・キャラット』『コレクターユイ』『十兵衛ちゃん』などが思い出深いです。
 深夜アニメを腰を据えて見るようになったのは2006年の『涼宮ハルヒの憂鬱』から。ド定番ですね(笑)

2. 好きなアニメ作品を教えてください。(複数可)
 10作品に絞ってみました。
 『ARIA』、『カードキャプターさくら』、『COWBOY BEBOP』、『CLANNAD』、『天元突破グレンラガン』、『蟲師』、『ガールズ&パンツァー』、『凪のあすから』、『マリア様がみてる』、『ちはやふる』

3. 2.に挙げた作品の中から1つ選んで、好きな理由を教えてください。
 CCさくらは”taraさん”が、ビバップは”やまぬこ!さん”が、CLANNADは”ゆっちーさん”が、ガルパンは”テリー・ライスさん”が、それぞれ挙げていらっしゃいますので・・・・では私は『マリア様がみてる』について書きます。

 『マリみて』は言わずと知れた百合アニメの金字塔。女子学生の心情や人間関係に焦点を当てているところが、凄く好きです。姉妹(スール)という制度の間で、想い合う故に傷ついたり、気遣う故にすれ違ったり、理想を押し付けてしまったり…。 かといってドロドロとした展開はせず、清純な世界観は決して崩れない。 優しさだとか切なさを掬い取って堪能する・・・そんな、ちょっぴり大人向けな作品だと思ってます。決していやらしい感じのしない、本来の意味の百合アニメ、ですね。百合は良いよね!(台無し)

4. 主に作品のどういう部分に注目しますか?
 雰囲気!(笑)
 その作品に入り込めるかどうかって大事だと思うので。

 あと一応、下記の6項目をアニメ毎に評価してチャートグラフ化していますので・・・注目して見るようにはしてます。
 ・脚本(”お話の内容”の良さ&整合性、テーマ性、オチの強さ、台詞回し。ギャグ系作品の場合は、ネタの良さ)
 ・構成(全体を通して各回のバランスが取れているか、 作品として引き締まっているか)
 ・演出(物語の起伏を効果的に表現できているか、”遊び”や”間”があるか)
 ・音楽(主題歌、BGM、挿入歌への力の入れ具合。作風に合っているかどうか)
 ・作画(アニメーションの動きやカメラワーク・構図、キャラクターデザイン、背景美術。これらが作品の系統に合わせて特化しているか)
 ・人物(キャラクターの魅力、心情描写の丁寧さ、声優さんの演技)

5. あなたにとってアニメとは?
 情緒発生装置です。摂取しすぎは毒っぽい。

6. 感想を書こうと思ったきっかけを教えてください。
 溢れてくる感情を垂れ流すのは勿体無いかなーと思ったので、
 備忘録として、ただ書き続けています。

7. 感想(考察)を通して何を伝えようとしてますか?またどう伝えようとしてますか?
 自分以外の誰かにとっても備忘録になればいいなと思ってます。
 「そうそう、そんなアニメだったな・・・」と、読み手が思い出し易くなるように心掛けてます。

8. あなたにとって感想(考察)とは?
 備忘録。アウトプット。かまってちゃんのらくがき。

9. ブログを書く場合、構想?日くらいですか?、実際に書く時間はどのくらいですか?、書いている時間に遊んでしまうことはよくありますか?
 実際に書く時間は、1つの記事につき30分~3時間くらいです。
 書くのに飽きたり思いつかない時はすぐ中断しちゃいます。

10. 好きなキャラ・制作会社・スタッフを3つ(3人)ずつ
 好きなキャラ:木之本桜(CCさくら)、一ノ瀬ことみ(CLANNAD)、来海えりか(ハトプリ)
 好きな制作会社:マッドハウス、Production I.G、京都アニメーション
 好きなスタッフ:水島 努、大地 丙太郎、石原 立也
 ・・・・この質問鬼畜ですねー。いやー悩んだ悩んだ。

11. 影響を受けたブロガー(ツイッターの場合はアカウント名)と読んで影響を受けた記事
 ・ブログ:『猫が唸る感想日記』さん
 簡潔で共感しやすい感想が魅力。「こんなブログいいな」と思ったのを覚えています。

 ・ブログ:『ホビーに萌える魂』さん
 アニメを分析して面白さを見出そうとする姿勢が凄い。進行形で影響を受けたいです。

12. BD・DVD以外に購入するもの
 主題歌CDやサウンドトラック。原作の漫画やゲーム。そのくらいかな。

13. あなたが感想を書いていくためのモチベーションは、どこから湧いてきますか?またモチベーションを維持する方法など
 2chやSNSでアニメについてあーだこーだ言われてるのを見ると、自分の意見もまとめたくなります(笑)

14. 宣伝・アピール欄
 (・∀・)”ぶっきら感想文庫”
 http://dokuatari.blog137.fc2.com/

 インタビュアーのぎけんさん、紹介して下さったクロスケさん、
 ここまで読んでくれた皆様、ありがとうございました♪
 今度ブロガー同士でクロスレビューとかしてみたい()

関連記事
web拍手 by FC2

Comment

コメントする





管理者にだけ表示を許可する

Trackback

©2019 ぶっきら感想文庫