L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

世界でいちばんNGな恋 感想

おすすめ度:★★★★★☆☆☆☆☆
タイトル世界でいちばんNGな恋
公式ジャンル年の差カップルホームコメディ
フィーリング感動
メーカーHERMIT
脚本家丸戸史明
発売日2007年11月22日
主人公長身で弱腰の"リストラ"(29歳)
ストーリー
★★★★★☆☆☆☆☆
文章表現
★★★★★☆☆☆☆☆
キャラクター
★★★★★★☆☆☆☆
読み易さ
★★★★★☆☆☆☆☆
CG
★★★★★☆☆☆☆☆
サウンド
★★★★★★☆☆☆☆
ゲーム性
★★★★★☆☆☆☆☆
おすすめ度
★★★★★☆☆☆☆☆

---{▼概要}-------
『世界でいちばんNGな恋』(せかいでいちばんだめなこい)は、2007年にHERMITから発売されたアダルトゲーム。後にPSP版の『世界でいちばんNGな恋 ふるはうす』が登場した。メインヒロインとのストーリーを事実上の共通ルートとし、途中で選択に応じて残るヒロインへと分岐するスタイルをとる。そのため、ヒロインごとに総話数が大きく変わってくる。設定や場面描写などで『めぞん一刻』と類似しており、シナリオの丸戸も暗に認めている。シナリオに対する評価が高く、「美少女ゲームアワード2008」では、純愛系作品賞金賞とシナリオ賞銀賞を受賞している。
---{▼あらすじ}-------
雪の降りしきるある日、芳村理は街の中で死にかけていた。会社ぐるみの不正の責任を一人でかぶらされて尻尾切りとなり、やけ酒の末に無一文になってしまったためであった。もはや死のうと思っていた時、とある女性に暖かい缶コーヒーを差し出され・・・
(wikipediaより)
---{▼感想}-------
『 誰が見ても、間違ってて、
  誰が見ても、愚かな選択で。 』

ngkoi0a

メインヒロインがC3年生とのことでロリ一辺倒かと思いきや、主人公の出世劇としての側面がある作品。作品内で”第○章”と区切りがついていて、章毎にOPが流れる為なんだかアニメみたいな構成だなと思いました。個人的には出世劇が描かれる中盤(第5~9章辺り?)がこの作品の肝なのだろうという認識。

ヒロインだけでなく主人公も特徴的、ですね。長身で29歳、なのに気弱で母性本能をくすぐるタイプのバツイチリストラ男。しかし仕事ではどっしり構えるキレ者で、彼のサクセスストーリーは痛快です。ラブシーンは・・・少し抵抗があったのでPSP版でも良かったかなー・・・と後悔。

以下、各ルートの感想に移ります。

< --- ▽ここから下はネタバレあり▽ --- >




▶ 【◎】 共通~美都子ルート

やはり一番凄いのは共通~美都子ルート。C学生相手に父になるか男になるかの葛藤は本作の主軸ですよね。どうせ男になるんでしょと油断していると「僕という保護者は、僕という男にトコを取られる訳にはいかない!」と息巻くシーンで意表を突かれます。そしてそんな大人視点での葛藤を重ねた挙句、誰からも祝福されぬNGな恋を貫く2人・・・100%のハッピーエンドじゃないところが好きだなぁ。この後のTRUEルートは筆汚しだと思う。


▶ 【△】 夏夜ルート

夏夜さんは良い女ですよね。思考が常識的で、痛い所を明確に突く発言が素敵です。ただ夏夜を攻略すると主人公が駄目人間一直線という感じでw 如何にもサブキャラルートなシナリオなのが惜しい。


▶ 【○】 姫緒ルート

根が優しいのに頑張って憎まれ口を叩く難儀な性格のご令嬢。本作で一番好きなヒロインが姫緒でした!共通ルートで姫緒を扱きながら仕事をこなしている時が最も読み応えがありました。姫緒攻略ルートに入ると少々色落ちしますが、姫緒の父親との戦いは綺麗にまとまっていてGOOD。姉妹丼はやり過ぎだと思う(笑)


▶ 【△】 麻実ルート

『何故離婚したのか』が肝となる元妻√。夏夜にも「どうして子供ができないくらいで別れちゃったのよ」と作中でツッコまれていましたが、考えれば考えるほど離婚までする必要は無かった様な気がしてモヤモヤ。美都子が”義母と仲の悪い連れ子”ポジションに収まりハッピーエンドというのは微笑ましいですが、最後までモヤモヤが残ってしまってそこだけ残念でした。


▶ 【△】 美都子TRUEルート

母親が結婚詐欺師と共に帰郷するお話。最後は皆に祝福されてウエディングENDで大団円でした。が、美都子の母がク●過ぎてイラッ(^ω^#)としたのでやや後味が悪かった気がします。親子揃って短絡的思考回路なんですよねェ・・・ロリゲーやっといて何ですが、やっぱり大人の女性が好きです(笑)


まとめ
・共通ルートが最高!
・特に夏夜と姫緒が最高!!
・主題歌も最高!!!


関連記事
web拍手 by FC2

Comment

コメントする





管理者にだけ表示を許可する

Trackback

©2018 ぶっきら感想文庫