L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

英雄*戦姫 感想

おすすめ度:★★★★★☆☆☆☆☆
タイトル英雄*戦姫
公式ジャンル美少女英雄に囲まれて世界を征服する地域制圧型SLG
フィーリング萌え
メーカー天狐
脚本家藤原休樹、企画屋
発売日2012年3月30日
主人公天然ジゴロな”天の御使い”
ストーリー
★★☆☆☆☆☆☆☆☆
文章表現
★★★★☆☆☆☆☆☆
キャラクター
★★★★★★★☆☆☆
読み易さ
★★★★★★☆☆☆☆
CG
★★★★★★★☆☆☆
サウンド
★★★★☆☆☆☆☆☆
ゲーム性
★★★★★★★☆☆☆
おすすめ度
★★★★★☆☆☆☆☆

---{▼概要}-------
『英雄*戦姫』(えいゆうせんき)は、PCゲームブランド天狐の第一作目となる作品である。2013年9月26日には、アダルトシーンを削除して新規イベントとグラフィックを追加したPlayStation 3版が5pb.Gamesより発売された。2014年5月29日には、さらに新規キャラクターを追加したPlayStation Vita版も発売された。尚、ジャンル名にある「地域制圧型SLG」はアリスソフトに許可をもらっているとのこと。
(wikipediaより)
---{▼感想}-------
夢のオールスター世界大戦 大・開・戦!!!

PC版をプレイしました。
許可を得て”地域制圧型SLG”と銘打っているあたりアリスソフトと比較してくれと言わんばかりですが、ゲーム性は至ってシンプル&単調でヌル・・・もとい初心者向け。『遊べるキャラゲー』と捉えると悪くない出来だと思います。

主な特徴としては
▶ キャラクター数は総勢70名超え
▶ 主人公以外は全員女性
▶ ターン数依存のイベントが無い為マイペースで遊べる
▶ 難易度を上げる選択が随所で選択可能
▶ 陵辱・殺戮等の無情な描写は皆無
▶ そもそも戦争をしている感が皆無

             ―――といった感じ。


↑の7人が好きだった・・・
でも実際に使う回数が多かったのは↓の9人
eiyuusenki2

大槍葦人画のゲームは初めて触ったけど本当魅力的なデザインですね。雰囲気のあるタッチだとは前々から思っていましたが、慣れるとひたすらに可愛いです。本作にはゲスト絵キャラも登場しますが・・・出てくる度に興醒めでした(´-ω-)空気嫁よと。唯一、謙信ちゃんは違和感無かったけど(笑)

歴史上の有名人の美少女化という事で、元ネタの人物を知っていると楽しめたりドン引き出来たりしますね(笑) 中でも、ランスロットやラスプーチンの設定は良く練られているなと感心しました。逆にヴラドやモンテズマに至っては元ネタを知らなかったので勉強になりました~。

残念な点として、
作業ゲーすぎて、メンバーを一人一人精査して最強パーティを作る・・・みたいな気にならなかった。上記のパーティも結構テキトーだし装備も付けてなかったり、ですから。やはりSLGとしては物足りない。

プレイ後に気付いたのですがバトル曲が豊富!好きになる要素が沢山あって、ファンが多いのも納得のゲームでしたヨ。
関連記事
web拍手 by FC2

Comment

コメントする





管理者にだけ表示を許可する

Trackback

©2018 ぶっきら感想文庫