L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

【総評】 ゆるキャン△

yurukyan100
yurukyan00
---{▼概要}-------
『ゆるキャン△』は、あfろによる日本の漫画作品。山梨県周辺を舞台に、キャンプ場でのリクリエーションや野外調理などといったアウトドア趣味の魅力と、それを身の丈に合った範囲で満喫する女子高校生たちのゆるやかな日常を描く。『まんがタイムきららフォワード』(芳文社)にて2015年より連載。アニメ版はC-Stationが制作、全12話。
(wikipediaより)
---{▼感想}-------
きっと、そらでつながってる
yurukyan1a
キャンプ(冬季)の魅力をゆる~く描く、所謂キャンプ女子アニメ!ものすご~く癒される作品なのですが、描写もかなり丁寧でキャンプの知識をしっかり身に付けられるのがまた良い!

背景美術がすっっっごいっ!!
まるで実写のよう。
yurukyan2a
良作画のアウトドアアニメと言えば『ヤマノススメ』が記憶に新しいですが、こちらの背景美術も決して見劣りしないのが凄い。

キャンプって中々に渋い趣味ですよねぇ。レジャーとしてはかなりストイックな部類に入るのでは? 道具の費用もかかる上に、車中泊等よりもハードルが高い。しかも冬キャンプだなんて余程の物好きじゃなきゃやらないでしょ、と思ってました。でもこのアニメを見て興味がわいてきました。
「冬キャンプは、虫がいない。汗かかない。他のキャンパーがいなくて静か。焚火と温泉が気持ちいい。景色が遠くまで見える。汁物がうまい」 なるほどな~!このアニメが冬キャンプの火付け役になりそうです。



そして本作の素晴らしい点として、ソロキャンプとグループキャンプ双方の魅力をしっかり引き出している点を挙げる方が多いのではないでしょうか。旅路で出会う小さな発見を楽しむしまりんを見て「そうそうこれが一人旅の良さだよな~」なんて思ったりしました。う~ん、渋い!
また、キャンプの最中にスマホで写真やメッセージのやり取りをする描写が多く見られます。今の時代性及び女子高生らしい設定を上手く演出している点でもありました。


体感時間が短すぎて、1クールじゃ物足りなくなるだろうなと思っていましたが、最終話のアニメオリジナルの締めくくりできっちり満足出来ました!こういうアニメをず~~っと見ていたい、そんな素晴らしいアニメでしたー。

--▼【総評*1行表】----
脚本演出作画人物音楽構成
788798
満足度ランク【AA】!!
関連記事
web拍手 by FC2

Comment

コメントする





管理者にだけ表示を許可する

Trackback

©2018 ぶっきら感想文庫