L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

【総評】 恋は雨上がりのように

koihaameagari100
koihaameagari00
---{▼概要}-------
『恋は雨上がりのように』は、眉月じゅんによる日本の漫画。アニメ版はWIT STUDIOが制作、全12話。
---{▼あらすじ}-------
感情表現が不器用で一見クールな17歳の女子高生・橘あきら。彼女はアルバイト先のファミレス『cafeレストラン ガーデン』の店長である45歳の近藤正己に密かに想いを寄せている。自他共に認める“冴えない男”の近藤だが、あきらはそんな彼の魅力を「自分だけのもの」として、胸に秘めた恋心を募らせていた。
(wikipediaより)
---{▼感想 ※批判あり}-------

の当たらぬ場所は、も当たらぬ場所”
koihaameagari1

遥か年上の男性に想いを寄せる女子高生の恋模様を叙情的に描いた恋愛漫画のアニメ化作品。
・ 心の機微を精細に描いた瑞々しい恋模様
・ 文学的表現がある&台詞が多過ぎない
・ 恋を通して己を見つめ直す過程が主軸

――等、老若男女に沁みる物語だと思います。

恋にときめく女子高生と、恋とは距離を置く中年男性。どちらにも共感出来ますし、二人を包む澄み切った雰囲気がとても美しいです。



(――しきりに胸が締め付けられるのは……その若さと純粋さ。そして若くはない自分への居たたまれなさ。周りの目だけが理由なんじゃない。何より俺が傷つきたくないんだ)
(――この感情を恋と呼ぶにはあまりにも軽薄だ。今このひととき、傘を閉じて君の雨に濡れよう)


店長の純文学タッチなモノローグ。どれも胸に響くものばかりです。




< --- ▽ここから批判注意▽ --- >


さて、ここからは原作とアニメとの相違について言及します。
先に断っておきますが、このアニメは割と高い評価を得ている様です。
その一端として、原作のラストが不評だったので「アニメ版は原作より綺麗にまとめた」と絶賛されている節があります。

私の総括を述べると、『(本作は途中まで丁寧に作ってたのに)後半から原作に合わせて無理矢理終わらせた』、ですね。陸上選手が途中から自転車に乗った様なものでしょうか。上手く説明出来ないけれど後味が凄く悪かった。

そもそもこのアニメの演出全般が全く好みじゃないのです。
原作でサラッと読めていた部分がアニメだとやたらクドい。
“ついうっかりポッと出てしまった言葉”なのに、間を溜めて演出するもんだから台無しになったり。
“少しシリアス”程度のシーンを、主張の激しい不穏なBGMで無駄に陰鬱なイメージにしたり。
甘い雰囲気になる場面ではすかさず、水玉プカプカ~&水音SEピチャピチャ~♪ってもうアホかよと。
調べてみたら、『宇宙兄弟』や『逆転裁判』のアニメと同じ監督さんですね……。あぁ、なるほどな、と。私はこの監督と合わないみたいです。

いや、冷静にみれば言うほどこのアニメは悪くないはず。
ただ私が個人的に、原作ごと嫌いになってしまいそうなので『このアニメは見ないほうが良かったな』と思っている次第でございます。悲しい。

--▼【総評*1行表】----
脚本演出作画人物音楽構成
745644
満足度ランク【B】!!
関連記事
web拍手 by FC2

Comment

  • 通りすがりのおばちゃん
  • URL

すみません初めて来ましたがコメントさせてください全く同じ事を思ったです!!
1回目2回目ぐらいは
素晴らしい❗人が恋に落ちる瞬間をみてしまったよう
絵の美しさ可愛さ音楽全てパーフェクト
おばちゃんがみても納得
だったのですが

友達との関係とか全てひっくるめて感動のラストに持っていくには、彼女が店長への想いを全く打ち上げず、秘めきったままだったらよかったのに。そしたら色々つじつまがあうのにー

彼女は店長が好きなのでどうしても行動してしまう(ほぼストーカー)、店長は無意識に彼女を愛しく思っている→だから度々偶然会ったり、何度もデートしても不自然でない。無意識や言葉にできない想いが顔が赤くなったり、水玉ぽよぽよ音で表される。(だから恋愛感情以外で使って欲しくなかった)
そして最後のあの場面で、鈍い店長(作家無理)は自分が彼女を愛しく思っていた事に気づき、でも彼女は成長を約束して去って行く...

興奮して失礼しました。でも本当に最近のアニメの美しさはすごいですね。



  • ぶっきら
  • URL
Re: タイトルなし

> 友達との関係とか全てひっくるめて感動のラストに持っていくには、彼女が店長への想いを全く打ち上げず、秘めきったままだったらよかったのに。そしたら色々つじつまがあうのにー
わかりますw というか、多くの恋愛モノのパターンはそちらですよね。
彼女の告白が早いのは原作と同様。店長を第二の主人公にするために告白は早かったんじゃないかなと勝手に解釈してます。
彼女の想いを知った上で諭したり、色々と気付かされたりする店長サイドも好きなのでこれはこれであり(?)


> 無意識や言葉にできない想いが顔が赤くなったり、水玉ぽよぽよ音で表される。(だから恋愛感情以外で使って欲しくなかった)
あの水玉・水音は使い方次第でもっとよくなりそうですよね。
乱用しないで欲しかったという点は激しく同意です

コメントする





管理者にだけ表示を許可する

Trackback

©2018 ぶっきら感想文庫