L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

【総評】 ちおちゃんの通学路

該当作品放送期間話数
▶ ちおちゃんの通学路'18年7-9月全12話

▼ 概要

『ちおちゃんの通学路』は、川崎直孝による日本のコメディ漫画。通学シーンと若干の自宅での様子のみが描写され、授業風景や部活動など学園生活はほぼ語られない構成が特徴である。

▼ あらすじ

自称「中の下」を行く女子高生のちおちゃんこと三谷裳ちおは、自宅から学校まで徒歩通学している。しかしその登校途中には、予期せぬ通行止め、微妙な距離感の同級生との遭遇から、道をふさぐ暴走族など、あらゆる障害が待ち受ける。
(wikipediaより引用)
▼ 感想

エクストリーム登校コメディ!


脚本
(3)
シチュエーション重視で、ギャグ自体はよわよわ。荒唐無稽な思考と出来事がひたすら続く……そこがウケている訳ですが、悪いところでもありますね。しかし、登校場面のみを扱った学園モノ、というオリジナリティが好感触なギャグアニメでした。

時々、「煙草を否定から入るのは良くない」とか、「詰め込み教育の弊害で活字を見ないと攻撃的になる」とか、「日本のRPGはイケメン化が進み過ぎて海外じゃゲイに見られてる」とか、そういう偏見と正論で殴ってくるシーンが面白くて、その路線もアリだなと思ったり。
演出
(4)
起伏少なめ&ミドルテンポから漂う平常運転感。
キャラが暴走してもああなんか勝手に盛り上がってるなぁと、距離を感じさせられて偏に寂しい。
声優さんが声を張っていてくれたからこそ間が持っていた、という印象。
作画
(5)
キャッチーな絵柄で割と好きです。作画崩れもなく、要所要所でアングルも凝っていて良かった。
人物
(4)
捉えどころのないメインキャラでしたねぇ。明るいのか暗いのか、ヘタレなのか出来る子なのか、図々しいのかナイーブなのか。変態チックでオタクで厨二病だけどトコトン一貫しているわけでもなく、感情移入し難い。むず痒い。
音楽
(4)
お調子者がズンズン歩いてく感じの、テッテッ!!♪ テテテテッテッ!!♪ ってBGMが記憶に残りそうです。
構成
(4)
30分は少し長く感じました。



満足度ランク【C】!!
関連記事
web拍手 by FC2

Comment

コメントする





管理者にだけ表示を許可する

Trackback

©2018 ぶっきら感想文庫