L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

【総評】 ハイスコアガール

該当作品放送期間話数
▶ ハイスコアガール'18年7-9月全12話

▼ 概要

『ハイスコアガール』は、2010年より連載された押切蓮介による日本の漫画作品。著作権侵害問題のため、2014年以降は休載中であったがSNKプレイモア(当時)との和解成立により2016年より連載が再開され、合わせて加筆修正版である『ハイスコアガール CONTINUE』が発売された。2012年ブロスコミックアワード大賞を受賞。2013年版『このマンガがすごい!』オトコ編で2位を獲得。
上記の問題のためアニメ化が延期されていたが、2018年に無事アニメ化された。放送終了後、テレビシリーズの続きとなる全3話が、2019年3月にOVA化されることが発表された。

▼ あらすじ

1991年。雲仙普賢岳の噴火、湾岸戦争の勃発など、様々な事件が世間を騒がせていた当時、そんなことは我関せずと日々ゲーセン通いに明け暮れる小学6年生の矢口春雄は、ある日行きつけのゲーセンでクラスメイトの大野晶に出会う。下町のゲーセンには不似合いな成績優秀で金持ちのお嬢様である晶は、実は凄腕のゲーマーだった。
(wikipediaより引用)
▼ 感想

あの頃、僕らの青春はゲームと共にあった――


脚本
(8)
古き良きゲームブーム到来時が舞台のラブコメディ!!
原作既読です。あの頃の街並みを、夕焼けを、夢中だった日々を、世の中の動きを、無意識な恋心を、そしてゲーム筐体の中のキャラ達を、何もかも呼び起こしてくれる。そんな甘酸っぱさとノスタルジーが魅力の本作。得も言われぬ涙が込み上げてきます。

要するに懐古アニメやんけと突っ込まれたら、まぁ何も言い返せないのですが……ハハハ(´∀`;)。でも実際のところ私はハルオより年下なので、ゲームネタで共感出来るところはほんの一部なのです。(アーケードは無縁だったし、スト2はスーファミ版で知ったし、サターンよりプレステ派だったし……)。なので、直撃世代でなくとも感動できる余地はある、ということになります。
演出
(7)
一度頓挫したにもかかわらず、よくここまでの(ゲーム映像使いまくりの)アニメ化に漕ぎ着けましたねぇ……。ゲーム会社全面協力の恵まれたアニメ化だ。出来に大満足です!
作画
(7)
3DCGにして大正解でしたねー、全く気に障りませんでした。ぎこちないどころか、むしろ漫画よりも表情豊かだった様に思えます。アニメ版の大野は嫉妬したり頬を赤らめているのがハッキリと描かれているけれど、原作は本当に心情が読めないシーンばかりでそこがまた良かったりする。
人物
(8)
ハルオの声がぴったりで第1話視聴時は驚かされました。ハルオはいい男ですよねー……ここまで不快感の無い主人公も珍しい。
ヒロイン2人も可愛いです。僕は(大野)晶ちゃん派なので全力でムフーしてモガーされました。小春推しの声が大きい気がして正直ちょっと寂しかったですね。
アニメ組は「大野はもっと喋ってくれ」という意見が多かったみたい。個人的には(前述の通り)心情の読めなさが好きでしたので、「そんなに感情出さないでくれ~」と思っていました(笑)。
音楽
(6)
やくしまるえつこのED曲が思いのほか作風にマッチしていて驚きました。BGMやゲームSEに関してはもっと演出過多気味でも嬉しいのになと思いながら見てました。
構成
(6)
小~高校生編の配分が絶妙。続きはOVAで~方式はやや残念ですが、最終話はまぁそこで区切るよねと納得。アニメ単体で良しとするにはまだまだ尺が足りない……原作も間もなく終了するのでいつか第2期をやってほしいものです。

原作がたまらなく好きなので、若干の補正は否めない……。



満足度ランク【AA】!!
関連記事
web拍手 by FC2

Comment

コメントする





管理者にだけ表示を許可する

Trackback

©2018 ぶっきら感想文庫