L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

【総評】 RELEASE THE SPYCE

該当作品放送期間話数
▶ RELEASE THE SPYCE'18年10-12月全12話

▼ 概要

『RELEASE THE SPYCE』(リリース ザ スパイス)は、Lay-duce制作による日本のテレビアニメ作品。略称は『リリスパ』。『ゆるゆり』の原作者である漫画家のなもりがキャラクター原案、『結城友奈は勇者である』をはじめとした『勇者であるシリーズ』を手掛けるタカヒロが企画原案・シリーズ構成を務めるオリジナルテレビアニメである。

▼ あらすじ

ある日、空崎市に住む女子高生の源モモは、どこの国にも所属せずに平和のために戦う正義のスパイ組織、私設情報機関「ツキカゲ」にスカウトされる。モモは高校の先輩でもある半蔵門雪の弟子となり、彼女の技術を継承していく。さらに現在、空崎市には犯罪組織「モウリョウ」の手が伸びていた。家族や友人、商店街の人々を守る為にモモは仲間と共に立ち向かっていく。
(wikipediaより引用)
▼ 感想

女子高生×スパイアクション


女子高生だけのスパイ組織が『スパイス』でパワーアップして悪を打つ、百合萌え有りのスパイアクション作品。メンバーの6人はそれぞれ師弟関係にあり、3カップルの百合を目当てにしてもアリですし、初回から“内通者”の存在を匂わせてくるので、組織の中の誰が内通者なのかを予想しながら見るのもアリですね。
私は、キャラクター原案がなもり氏だから視聴しようかなー、と気楽に見てました(笑)。

--------------------------------------------------------
▽ ここから下はネタバレあり ▽
--------------------------------------------------------







内通者はメイでしたか。明らかになるのが第10話……結構引っ張りましたね。しかも実は二重スパイでしたーというなんとも無難な内容。そこに至るまでの展開も気の抜ける様な雰囲気&粗が目立つシナリオで、スパイごっこをしている様にしか見れなかった。
逆に良かった点は、“スパイス”をキメる設定。最初のうちは、単なるパワーアップ道具として薬物を摂取するのは正直どうなのかと思いましたが(笑)、『スパイスが効かなくなったら組織引退』の設定が最終話で活かされていて、意外とアリだったなと思い直しました。



本作を見て確認できたのは、
師弟関係の百合は最高っ! って事と、
シリアスな話とゆるい百合は相性最悪っ! って事。(^ω^;)


脚本演出作画人物音楽構成
334345


満足度ランク【C】!!
関連記事
web拍手 by FC2

Comment

コメントする





管理者にだけ表示を許可する

Trackback

©2019 ぶっきら感想文庫