L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

【総評】 やがて君になる

該当作品放送期間話数
▶ やがて君になる'18年10-12月全13話

▼ 概要

『やがて君になる』(やがてきみになる)は、仲谷鳰による日本の漫画。略称は『やが君』。誰のことも特別に思えない少女と、自分自身のことが嫌いなために他人からの好意を受け入れられない少女の2人を軸とした百合漫画である。

▼ あらすじ

遠見東高校の1年生・小糸侑は、誰かを特別に思う気持ちが理解できない、という悩みを抱えていた。1学期のある日、侑は生徒会役員の七海燈子と知り合う。侑は、燈子が多くの生徒から告白され、そのいずれにも心を動かされたことがないと知り、彼女に悩みを打ち明ける。しかし、直後、侑は燈子から告白される。侑は燈子の告白に戸惑うが、その後、燈子を助けたいという思いを抱くようになり、生徒会に加わる。
(wikipediaより引用)
▼ 感想

少女漫画もラブソングの歌詞も私にはキラキラと眩しくて
でもどうしても届かなくて
意味なら辞書を引かなくても分かるけど
私のものになってはくれない



好きを知らない少女が出会う、一筋縄ではいかない…女子同士の恋愛。
甘美な百合作品ではありますがそれだけでなく、文学的なモノローグも多く、心の機微を繊細に描いていて非常に素晴らしい作品でした。
作中で何度も使われる“特別”というキーワード。特別な気持ちを知りたい……特別な誰かになりたい……そんな“特別”を追い求める心情が実に高校生らしく、物語全体を引き締める良いアクセントになっています。
登場人物たちの瑞々しい想いをただただなぞる様なアニメ演出で、視聴しながら彼女たちの心を汲み取ることが出来ます。恋をする理由と、心を押し殺す理由付けがしっかりされており、恋愛の疑似体験として捉える事も容易。外野から眺めてニヤニヤできる“百合”も良いものですが、本作のような切なくて不如意な恋愛模様を真っ直ぐに描く事が出来るのも“百合”の良いところですね。

気持ちの整理を繰り返し、ようやく心の解放へと走り出した第12話でしたが、第13話(最終話)で肝心の結末には辿り着かずに閉幕。原作との都合があったのでしょうか? 続きは漫画で楽しみたいと思います。
全体的に脚本構成も良く、“生徒会劇”まで描くものだと思い込んでいただけに少々残念。完全燃焼していたならばSSランク級の名作だと思います。それ程に素晴らしかった。

脚本演出作画人物音楽構成
1088968


満足度ランク【S】!!
関連記事
web拍手 by FC2

Comment

コメントする





管理者にだけ表示を許可する

Trackback

©2019 ぶっきら感想文庫