L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

【総評】 はたらく細胞BLACK

該当作品放送期間話数
▶ はたらく細胞BLACK'21年1-3月全13話

▼ 概要

『はたらく細胞BLACK』は、『はたらく細胞』の原作者・清水茜監修の下、『モーニング』で2018年から2021年まで連載されたスピンオフ漫画作品。原田重光(原作)・初嘉屋一生(作画)。細胞が働く劣悪な環境(不健康・不摂生な成人男性の体内)をブラック企業に喩え、喫煙・飲酒・カフェインがもたらす影響やED・円形脱毛症・水虫・淋病・胃潰瘍・狭心症・痛風・心筋梗塞・痔・糖尿病・うつ病・がんなどを取り上げている。本編では稀にしか登場しない薬剤や抗生物質(細胞たちからすればロボット兵器)が対応策として頻繁に投与される。コミカルな本編や他のスピンオフ作品に比べ、レギュラーキャラクターでさえ途中で死んでいくなど全編を通してシリアスかつ殺伐とした雰囲気、青年漫画ならではの題材と描写が特徴である。
アニメーション制作はライデンフィルムが行い、その他スタッフも『はたらく細胞』とは大幅に異なる。
(wikipediaより引用)
▼ 感想

不健康総合商社のような世界で。


『はたらく細胞』本編よりも過酷な世界(体内)で、ダーク色の強い本作。
本編の方の総評記事で「はたらく細胞BLACKというスピンオフが面白そう」と書きましたが……よもやアニメ化されるとは!思わぬ収穫で嬉しい! 本編の第2期も同シーズンで放送していましたが、そっちのけでコチラのみの視聴と相成りました(笑)。
過酷な労働環境だったり、人死にが続出したり、肝細胞がキャバ嬢だったり、堕落への誘惑があったり……そんなブラック&アダルトな展開も本作の魅力でしたね。



喫煙! 飲酒! ED! 淋病! 円形脱毛症! 尿路結石! 加齢臭! カフェイン中毒! 肺血栓! 水虫! 胃潰瘍! 痛風! 心筋梗塞!!! 怒涛の体内異常ラッシュ。
『目を覚ませこの野郎!! この労働環境をなんとかしろ! 取り返しがつかなくなるぞ! 暴飲暴食はやめろ! 喫煙もやめろ! 睡眠を十分にとれ! 運動しろ!』

無印の方のキャッキャウフフとは異なり、生活習慣の改善を本気で意識させられるッ!他人事じゃないッ!!
“勉強になる”から更に一歩踏み込み、顕著に警鐘を鳴らしてくれている、そんな作品に思えます。



ひ弱なビジュアルイメージでしたが、蓋を開ければ男らしく良い表情をする主人公でしたね。ピンチの度にしっかり成長してくれました。
最後も実にBLACKらしい締め括り。

不摂生している身からすると、実に耳が痛い&沁みる作品でした。
加えて、仮に体内という設定を度外視してみてもそれはそれで面白いんじゃないか、と思える程の熱いエピソード&キャラクターが盛り沢山で心打たれました。スピンオフという立ち位置に縛られず、評価されてほしいアニメだなぁ。

脚本演出作画人物音楽構成
765657

満足度ランク【A】!!
関連記事
web拍手 by FC2

Comment

コメントする





管理者にだけ表示を許可する

Trackback

©2024 ぶっきら感想文庫