L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

[ C ] #5「cultivation(修練)」

勝利ではなく、コントロールする。
ccccrrg
そのために必要なのは・・・      [ C ] 第5話のぶっきら感想!
cccccco0
いきなり椋鳥ギルドメンバーのディールが拝めましたね。
堀井一郎には何故か攻撃が当たらない。進藤基のアセットは強力なビーム砲が撃てて可愛い(笑) どちらも相手に僅差で勝利。敵に回すと厄介そうですねー。
公麿もバランスディールに挑戦するが僅差で負けてしまう公麿はまず普通に勝てるようになってからにすべきだよねw
ディールをコントロールするには相手の力を計ることが重要。
相手を計るには、まず自分を知り 自分を計りにする・・・。
つまり経験不足ってことですね、そりゃそうだ(^^
ccccccixji 
単位落としたwww ディールに負けると何かしら不幸を受けるんですね。破産した時だけだと勘違いしてました。それにしても地味だ・・・w
真朱の餌付けに成功!!!(笑) アセットに食事させる奴は珍しいのだそうです。真朱との好感度UP?(笑) カード越しに真朱が「あ~ん」するカットはセクシーでした!壁穴ならぬカード穴フェr・・・ゲフンゲフン
ccccdgrt
公麿が椋鳥ギルドに加入。
進藤や堀井が三國に色々尋ねてましたね。
「Q. 何故あんなやつを?」⇒「A. 金に取り憑かれていないから」
「Q. あいつの実力でバランスディールは早くないか?」
          ⇒「A. このくらい出来なければ破滅すればいい
なかなかおキツイ言葉をおっしゃられるww

サブタイ"修練"の通り、公麿がディールについて学び、且つ負けた時に降りかかる不幸を肌で感じることが出来た回でしたね。
そういえばまた江原先生が登場しました。奥さんも出て行ってしまい今にも自殺しそうな勢いなんだが、これからもアドバイザーとして登場していただきたいものだ(-_-;)
ジェニファーも色々動き回っているご様子。彼女と三國は似ているようで実はかなり立ち位置が異なりますね。彼女が椋鳥ギルドと絡むような展開になった時が物語の佳境かなー。
関連記事
web拍手 by FC2

Comment

コメントする





管理者にだけ表示を許可する

Trackback

©2021 ぶっきら感想文庫