L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

【総評】 アスタロッテのおもちゃ!

該当作品放送期間話数
▶ アスタロッテのおもちゃ!'18年7-9月全12話

▼ 感想

ユグヴァルランドの王女アスタロッテは男の精を吸って生きるサキュバスであるにも関わらず、大の男嫌いであった。
吸精行為が必用な年齢が近づき、女官長のユーディットに後宮(ハーレム)を作るように言われたロッテは、人間の男なら後宮を構えても良いと無理難題を言って諦めさせようとした。
ところが紆余曲折の末ユーディットは人間界にたどりつき、本当に人間の男である直哉を連れてきてしまう。こうして妖魔と人間の同居生活が始まった。

脚本
(8)
性的な題材にもかかわらず下品さを感じさせないハートフルストーリー。恋心・子供心を瑞々しく描いており、何度も泣かされました
演出
(7)
キャラの仕草や表情に焦点を当てていましたね
物憂げな気持ちが晴れると共に盛り上がる素敵演出!
作画
(6)
常に良好でした。キャラの動きもそうですが、
メルヘンチックな世界観も非常に魅力的でした!
人物
(9)
心情描写◎。素直で芯の通ったキャラばかりです。
主人公が大人な点も、他作品には無い魅力のひとつ
音楽
(7)
透き通った優しい曲で統一。雰囲気が大変良かった
構成
(6)
徐々にコミカル色が強まっていきます。活かせず勿体無いキャラがたくさんいましたが、毎回安定した面白さを提供してくれた

葉賀ユイ氏はこんな感動的なお話が書けるんですねぇ。びっくりw
2011年春期のアニメは大豊作でしたが、その中でも一番好きな作品でした!!あまり評価されていないのが不思議でたまりません。
満足度ランク【AA】!!
関連記事
web拍手 by FC2

Comment

コメントする





管理者にだけ表示を許可する
©2018 ぶっきら感想文庫