L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

【総評】 ガン×ソード

該当作品放送期間話数
▶ ガン×ソード'05年7-12月全26話

▼ 概要

キャッチコピーは「痛快娯楽復讐劇」
宇宙の吹き溜まりの惑星、「エンドレス・イリュージョン」は、荒野に夢が、街に暴力が溢れる星である。この惑星にいる流浪の男・ヴァンと、少女・ウェンディは、カギ爪の男を追って旅に出る。1人は「絶望」を、1人は「希望」を見つめながら…
(wikipediaより引用)
▼ 感想

脚本”復讐”を終着点まで描き切った良質作品
気ダルさを感じる台詞回しを『カッコよくて面白い』と見るか『ダサくてスベっている』と見るかで評価がハッキリ分かれそうである。
また、復讐がテーマの割に胸が締め付けられるようなシーンは皆無。見て呉れ重視のゴリ押し作品と言えなくもない
演出ロボットアニメなのに西部劇風。コテコテの格好良さが光ります。
作画キャラクターデザインが鋭くて美しい。表情や素早い動きが最後までブレることなく良かった。ED後の一枚絵が毎回楽しみでした
人物個性が強いが浅い設定のキャラばかり。
敵役である”カギ爪の男”は意外性があって良かった。珍しいラスボス像ですねー。
レイも好き。ヴァンとは異なる復讐の形を描いていて魅力的でしたね。
音楽主題歌・SE・BGM…どれも濃い味でしたww
狙い過ぎだがそこがまたダサカッコイイのかなぁ
構成盛り上がる流れ等のツボはしっかり押さえてます。
やりたいことを徹底していてまとまりが良い

世間的にはもっと評価が高いです。が、
満足度ランク【BB】!!
関連記事
web拍手 by FC2

Comment

コメントする





管理者にだけ表示を許可する
©2019 ぶっきら感想文庫