L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

【総評】 School Days

該当作品放送期間話数
▶ School Days'07年7-9月全12話

▼ 概要

主人公、伊藤誠は登校中の電車で出会う隣のクラスの桂言葉のことが気になっていた。ひょんなことから隣の席の西園寺世界に言葉との仲を取り持ってもらうことになったわけだが・・・

原作のPCゲームはTVアニメ70話以上の膨大な長さのフルアニメーションで作られ大きな話題となった。所謂「欝ゲー」としての要素が高く、アニメ版では特に猟奇的かつ陰惨な結末となった。
(wikipediaより引用)
▼ 感想

脚本
(7)
バッドエンドを描いた特異な作品。他のエロゲ原作のアニメとはベクトルが真逆であるので一見の価値あり。
見ていると不快な気持ちになるが、そこがいい。ここまで胸糞悪い作品は他に無い。感情の起伏を良しとする方向け。
演出
(8)
回が進むにつれ、憎悪が果てしなく膨らんでいく。露骨な性的描写も多くて腹立たしさ倍増。二度と見たくないです(笑)
作画
(4)
キャラデザが単純に好きではなかった。
しかし、動きも表情も悪くないし、原作に忠実であったかと。
人物
(7)
「誠死ね」と誰もが口を揃えて言うように、主人公の誠は"最低な奴"として描かれている。個人的には誠だけでなく、他キャラも十分に最低である。醜い程に人間味溢れるキャラばかりで感心。人間不信になること請け合い。
音楽
(5)
ED曲の歌い手が豪華。じっくり聴くと良曲揃いだが、印象に残りづらく、原作未プレイだと思い入れが弱いか。
構成
(6)
原作にはアニメ版とは違うバッドエンド(「轢殺」「永遠に」等)があり、そちらも中々ショッキング。アニメ版は原作のほんの一部でしかないという点が少々残念ではある。

よく『世界派』か『言葉派』かという話題が挙がりますが、私は正直どっちも嫌いだ(笑)
基本的にどのキャラも貞操観念が希薄ですよね。
敢えて選ぶなら乙女が好きかなぁ。
刹那や光、乙女の取り巻き達の行動は不快すぎてトラウマですw

ちなみに「マジカルハート☆こころちゃん」とは、元々エイプリルフールのネタとして公開していたPVが、実現してしまった悪ノリOVA。本編とはあまりにもギャップが大きく、ツッコミどころ満載。電波なOPが最高www

満足度ランク【A】!!
関連記事
web拍手 by FC2

Comment

コメントする





管理者にだけ表示を許可する

Trackback

©2018 ぶっきら感想文庫