L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

【総評】 宙のまにまに

mani01manimani00e
該当作品放送期間話数
▶ 宙のまにまに'09年7-9月全12話

 高校の天文部を舞台にしたラブコメディ 
『宙のまにまに』(そらのまにまに)
ちなみに"まにまに(随に)"とは『成り行きに任せて行動するさま』だそうです。"夜空任せ"って意味合いかな?(違うかもw)

生まれ故郷の高校に転校してきた大八木朔は、そこで幼馴染みの明野美星と再会する。穏やかな生活を望んでいた朔だったが美星に振り回され、さらに美星と同じ廃部状態の天文部に入ることに。
▼ 感想

脚本いわゆる部活モノ作品。天文部という題材はロマンチックでいいですね~。
原作者が女性ということもあってか、ギャグのノリがちょっとキャピキャピしていますが男の私でも楽しめました。
天文部の活動ラブコメパートのバランスが良かった。
演出星座の説明が少し堅苦しかったかなー。本格的なのは良い事なんですけどね。ラブコメパートが無かったら少々キツい。

EDクレジットでスタッフ一人一人に星座記号を付けたり、
OPを歌うスフィアのメンバー全員を作中に出演させたり、
ED映像が春・夏・秋・冬ver.の4パターンあったりと、作品を愛する制作陣の気持ちが伝わってくる。
作画キャラの動きも良いし、何と言っても星空が綺麗でしたね。めちゃくちゃ癒されました。
絵柄は女性的だけど男が抵抗を感じるほどではない。ギャグ顔がとてもキュートで、もっと見たかったww
人物キャラクターの個性が光る☆
特に美星、姫ちゃん、フーミンの3ヒロインが魅力的で、嫁選びに迷うこと請け合い(笑) 私は・・・僅差でフーミン派ですw
音楽OP、ED、作中BGMはどれも並以上。
特にOP曲が好きだったかな。元気いっぱいで突き抜けた曲は作風にも合っていますね。
構成うーん、構成面は普通、ですね。
最終回はキリが良いとは言えないが、一番楽しいところで終わったという意味では良かったのかな。

思ってた以上に面白かったなー
ドタバタ系のラブコメもいいですが、本作のような瑞々しい恋愛風景を微笑ましく描いたラブコメも素敵ですね。
満足度ランク【BB】!!
関連記事
web拍手 by FC2

Comment

コメントする





管理者にだけ表示を許可する

Trackback

©2019 ぶっきら感想文庫