L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

バクマン。2 #6「病気とやる気」

週刊連載は休んじゃダメなんだ!!
bakuman434udjh
書かせるべきか、休ませるべきか。 バクマン2期第六話の感想!
bakumans5rs5ts 
突然倒れた真城は肝臓摘出手術を受けることになった。
絶対安静の状態だが、真城はペンを放そうとしない。
「原稿を持ってきてくれ!病院で書くしかない!」
真城を止めようとする母親と編集部の面々。

秋人の心境描写が凄まじかったですね。真城の体も心配だが、想いを適えてやりたい。何より自分にとっても夢を掴む寸前、絶対に休載したくない・・・葛藤に次ぐ葛藤。今回も一番辛いポジションにいましたね。最終的に亜豆に判断を託すことに・・・。

「僕らが落ち込んでいても仕方がない。今までで一番良い原稿にしよう」プロアシの小河さんも相変わらず格好良い。でも彼が『TRAP』を長く続かないと見ていたのは意外でした…!
bakumans6s
『お人形みたい。絶対勝てない』真城のことを狙っていた加藤さんでしたが、諦めるの早かったですね~(笑)計算高い子っているよねw
修羅場になるかと思いきや・・・亜豆さんまさかの余裕。真城を心から信じている証拠ですかね。よく出来たヒロインやで。

「真城君…漫画を描くのは治ってからだよね?退院するまで描かないって言ってくれないと真城君のこと嫌いになる
それくらいで嫌いにならないと分かり切っている二人の関係。そんな中で生まれる会話が本物の愛を感じさせますね。
しかも亜豆は8年も前から真城を好きだった事が発覚。違う小学校で赤の他人だったのに気になっていた――そんな真城が亜豆に告白・・・運命の関係すぎる!
『幸せすぎて死ぬかと思った』今までなかなか外に出てこなかった亜豆の感情ですが、こんな感情を抱いていたのか・・・亜豆かわえええ!回想のロリ亜豆もかわええええwwww
「私のために、退院するまで書かないでほしい。真城君は私より漫画のほうが大切・・・?」
「そんなの比べられない。両方大切に決まってるけど、亜豆さんがそういう聞き方をするなら、漫画のほうが大切」
亜豆でも真城を止められなかった――
秋人の考えたシナリオ通りにはいきませんでしたねー。

今まで逢わないようにしていた真城と亜豆ですが、遂に今回逢ってしまいましたね。良い演出だと思いました。
bakuman664asssd
『TRAP』が休載すると聞き脱力する新妻。しかし病院に見舞いに行くと、そこにはペンを握る真城の姿が・・・!新妻は本当に好敵手ですね。亜豆が真城の彼女だと見抜いていたのも流石www

原稿書いてるのバラされた真城。
しかし隠すでもなく、病院でも十分書けることをアピール!
体調が悪化し、止めようとする秋人&三浦だが・・・
「やめて、真城君大丈夫って言ってる。高木君はどんなことになっても描かせる覚悟で原稿を持ってきたんでしょ?このくらいで止めようとするなら持ってこないで。真城君頑張ろう!真城君なら休まず描ける、私は真城君を信じる!二人の夢を叶えて!
おおぉ…!!ちょっと病み気味の発言だが、付き添うヒロインとしてあるべき姿ですね!!!

亜豆と見吉の良い女っぷりが光るエピソードでしたね!!
二人とも理想のガールフレンド像だ。
二次元でもなかなか居ませんよこんなキャラは(笑)

やっぱりバクマン面白いなーー。脚本構成と心理描写がどんなに大事が解らせてくれる作品ですね。
演出や作画だけ凝ったアニメとは格が違うな。
関連記事
web拍手 by FC2

Comment

コメントする





管理者にだけ表示を許可する

Trackback

©2019 ぶっきら感想文庫