L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

【総評】 BLACK LAGOON

該当作品放送期間話数
▶ BLACK LAGOON
▶ BLACK LAGOON The Second Barrage
▶ BLACK LAGOON Roberta's Blood Trail
'06年4-6月
'06年10-12月
'10年7月
全24話
全24話
全5話

▼ 感想

荒くれ者達の吹きだまりである東南アジアの架空の都市ロアナプラを主な舞台にした”超リアルハイスピードガンアクション”
脚本
(6)
冷酷非情だが、さほど後味も悪くないアクションアニメ。
話運びが丁寧なので、心置きなくスリルを楽しめます。
物憂い気な締め方が多いのもハードボイルドならでは。
演出
(7)
治安が悪そ~な世界観、一触即発な雰囲気が良い。
面白い言い回しやブラックジョークに時間を掛ける一面も。
作画
(7)
本作のメインは何と言っても臨場感のあるガンアクション!
素早く動き回ってカッコイイ。気怠そうにする姿もクール。
人物
(7)
冷酷なキャラ多め。勇ましいおねーさん万歳!\(゜∀゜*)/
主人公”ロック”のみ日本人。彼が徐々に悪人面になっていくのも見物でした。 好きなキャラ?・・・決められない!(`´;
音楽
(7)
OP曲『Red fraction』がとにかく恰好良い。
”かっこいいアニソン”の話題には大抵名が挙がる。
本編のBGMもこの手の熱くてワイルドな曲が豊富。
その他、賛美歌や軍歌のようなジャンルも扱っている。
構成
(6)
双子編、偽札編、日本編…バラつきはあるが甲乙付け難い。
人間離れした強敵の出現荒くれ共の内争ジャパニーズ極道とのバトル整合性は見失っているが、何でもかんでもやってくれているようで、ある意味夢のような豪華構成(笑) 好きです。

印象深いのがロックとレヴィの”シガレット・キス”。「BLACK LAGOONってどんな作品?」と聞かれたら黙ってあのシーンを見せたい。
一番好きなシーンは偽札編の レヴィエダ vs シェンホア !!!
苦味の効いたシナリオも好きだが、
ブラックジョークとアクションが爽快で最高に楽しめました。

満足度ランク【A】!!
関連記事
web拍手 by FC2

Comment

コメントする





管理者にだけ表示を許可する

Trackback

©2019 ぶっきら感想文庫