L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

【総評】 たまゆら

tamayura100v
tamayura00cc
該当作品放送期間話数
▶ OVA
▶ たまゆら〜hitotose〜
▶ たまゆら〜もあぐれっしぶ〜
'10年11-12月
'11年10-12月
'13年7-9月
全4話
全13話
全13話

▼ 概要

瀬戸内の竹原を主な舞台として、写真好きの女子高校生である沢渡楓とその友達が、それぞれのまだおぼろげな「夢」を追いかける物語。なお本作は原案の佐藤順一を始め、『ARIA』のスタッフが中心となって製作されている。
OVAは、本編(第一期)の第一話と第二話との間のお話。
(wikipediaより引用)
▼ 感想

脚本
(7)
心躍り、心休まる 等身大”日常”ストーリー。
竹原に住む女の子たちの日常、趣味、夢をハートフルに描く。将来への希望を扱う一方で、変わらないものの大切さも伝えます。リアル且つドリーミー!感傷に浸りたい貴方へ。
演出
(5)
写真撮影がテーマのひとつ。竹原の行事や特産品、美しい風景を上手く取り込んでおり、その情報量は特集番組並み(笑)
写真、料理、香り、音色・・・。趣味や職業の描写が充実していて、どれもキラキラ輝いて見えます。
作画
(6)
背景美術突出型ですが、キャラの表情も良くて驚かされることも
人物
(7)
まだまだ未熟な彼女達の心の輪郭をそっとなぞるような話運びが特徴。思い悩み、少しずつ歩んでいく様が歳相応ですね。
各キャラの性格・嗜好・クセが細やか。友達関係を見ているのも楽しいです。
音楽
(6)
あまり特徴的なものはないですが、日常に溶け込むようなBGMで安心感あり。
構成
(8)
テーマの盛り込み方、隅々まで行き届いている様が一作品として申し分ないです。毎話感動させてくれる素晴らしい”日常系”作品

色んなことにワクワクしながら生活する姿が女子高生らしかったですね(^^)将来に向けての戸惑う気持ち等 心理描写が瑞々しかったなぁ。
OVAだけ見た時はこんなに素敵な作品だと思いませんでした。
面白くて素敵なキャラが多いけれど、一番好きなのは”ちひろちゃん”。彼女というバックボーンがあったからこそ本作は引き締まっていたように感じました。

満足度ランク【A】、なので!!
(OVA:【B】 第1期:【AA】 第2期:【B】)
【あなたにおすすめ作品】
◆ ARIA ・・・こちらにも幸せ探しの達人がいますので
◆ アスタロッテのおもちゃ! ・・・萌えOKな方はこちらも是非

にほんブログ村 アニメ感想へ
関連記事
web拍手 by FC2

Comment

コメントする





管理者にだけ表示を許可する

Trackback

©2018 ぶっきら感想文庫