L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

【総評】 gdgd妖精s

gdgd100agdgd001and2
該当作品放送期間話数
▶ gdgd妖精s
▶ gdgd妖精s(2期)
'11年10-12月
'13年1-3月
全12話
全12話

▼ 概要

妖精の森に住む3匹の妖精、ピクピク・シルシル・コロコロが巻き起こす、gdgd(ぐだぐだ)でシュールな騒動の数々を描く短編アニメーション。全編がMikuMikuDance・Shade・六角大王などの3DCGソフトウェアで作成されている。15分枠。ニコニコ動画で毎週新作を配信したり、雑誌「Windows100%」に3人のMMDモデルが収録されたりしました。
また、第1期と第2期で脚本家が異なる。(第1期:石舘光太郎、第2期:山本太蔵・長部一幸)
(wikipediaより引用)
▼ 感想

脚本【1期:6  2期:4】
gdgdトークが大変面白かった。共感しやすいネタに変化球を投じたり、時に深いテーマを持ち出し ユーモラスな討論を披露。
見た目に相応しくない毒のある脚本が人気の秘密か
演出【1期:7  2期:5】
毎回演出が異なるED、他アニメのパロディネタや嘘予告。
低予算でここまで実のあるアニメを作れるのは凄いです。
Cパートの『アフレ湖』では声優のアドリブ任せという手放し演出(笑)少々やりすぎ感はありましたが、視覚化したラジオ番組のようで面白かった。
gdgd感でお手軽度が増して、毎週見るのが楽しみでした。
作画
(3)
CGソフトの使用は安易な感じがしますが(笑)
後半になるに連れて、背景CGやキャラの表情の作り込みが徐々にアップして好印象でした。
人物
(6)
ピクピクの的確なツッコミと 可愛い表情や仕草。
シルシルの突拍子の無さと 何故か共感できる性格。
コロコロの寡黙さと トリッキーな言動。
個性溢れるトークで愛着が沸きますね
音楽
(5)
OP・ED主題歌は音楽配信のみで、iTunes store等でダウンロードランキング初登場1位とか獲っちゃってたり。
OPはwkwkするし、EDは作風からかけ離れた良曲でした。
次回予告では映像に合わせてパロディソングが流れ、
本編のSE演出も安定して良かった印象があります。
構成
(3)
既存のCGソフトで製作、且つ15分枠のショートアニメといったことから、作品形態としてはやや不鮮明
房子推し等はライブ感あってこそ面白いんじゃないかな
制作がほぼ放送1週間以内に近い間隔で作られていて、ファンのコメントが製作者の意図に反映、リアルタイムで対応される点が驚きのアニメでした。
毎週放送前後にアニメ公式サイトで制作状況や裏ネタが公開され、視聴者との距離が非常に近い番組でした。

息抜きにピッタリのアニメだね。
ショートアニメ界の傑作となるのか、
はたまた、立ち所に忘れ去られてしまうのか。
B級感どころかC・D級感溢れる作品でした。
気軽に見れて面白い、それでいいじゃないか。

▼2期の感想
脚本家ひとりでここまで変わるのか。

*********満足度ランク*****
第1期=【A】  第2期=【C】 統合ランク【BB】!!
関連記事
web拍手 by FC2

Comment

コメントする





管理者にだけ表示を許可する

Trackback

©2019 ぶっきら感想文庫