L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

【総評】 ハートキャッチプリキュア!

hatopuri100hatopuri001a
該当作品放送期間話数
▶ ハートキャッチプリキュア!'10年2-1月全49話

▼ 概要

プリキュアシリーズ通算第7作目(5代目のプリキュア)。 花とファッションをテーマに、「子どもたちの心を掴むこと」と「心の大切さを知る物語であること」の2つの意味からタイトルが名づけられた。
▼ 感想

私にとって二作品目に視聴したプリキュアシリーズ。
(初代⇒ハートキャッチ) 劇場版はまだ見てません。
脚本
(8)
ダンス・花・ファッション等 女の子の大好きが詰まってましたね(^^)夢のある・ワクワクする極めて健全な内容でした。
”人間の心”という思索的な題材を、子供にも分かり易くコミカルに、且つ情熱的に描いた点は高く買いたい。
演出
(8)
決まり文句(「私、堪忍袋の緒が切れました!」「海より広い私の心も、ここらが我慢の限界よ!」等)や、固有必殺技(おしりパンチ・ぜんぶパンチ 等)が精彩を放つ。
デザトリアン役を金朋先生で統一したのも凄いww 迫真の演技だったし、憎めない怪物にはピッタリ。微笑ましいを通り越して笑えます()
作画
(9)
『おジャ魔女どれみ』シリーズのメインスタッフを起用。あの絵柄は好きです。良い意味で崩し易い、スピード感が表れ易い。
良作画による超絶クオリティの戦闘シーンが見物でした!
プリキュアは変顔が多くて面白いなぁ
人物
(7)
各回のデザトリアンの心理描写や、敵である砂漠の三幹部の葛藤が丁寧で見応えありました。
ラスボスのデューンは掘り下げがいまいちでしたが、絶対悪である点が子供向けアニメの敵として丁度良かったのかも。
音楽
(9)
OP・ED共にハマりやすい、口ずさみたくなりますね(*´∀`*)
変身バンク等のBGMも◎。各々のキャラクターソングが挿入歌として流れるのも楽しい&熱い!!!! 曲自体も良質なのでサントラが欲しいですねー。
構成
(8)
開始早々クライマックスなプリキュア対プリキュア展開や、
デザトリアンを倒す度に”心”を花として表現し、花言葉で締めくくる 等  興奮する&整合されたストーリー構成でした。
最後の戦いを終えた主人公のつぼみが『いつか、草も花も無い宇宙に少しでも花を咲かせたい』←※ネタバレ)と夢を口にするのも好きですねー。成長した末にそこへ辿り着いたか、と。

プリキュアってすげぇや!! と、人気の高さを理解させてくれた、私にとって思い入れの強い作品になりました。
えりか(キュアマリン)が好きだったなぁ。ウザ可愛いだけでなく、
敵の戦術案に共感して学校を壊そうとする、タクトを私用に使おうとして奪われる、「凄い事をしてしまった」と余韻に浸る 等、 実に人間味のある(?)キャラに映り、愛着が沸きました(。╹ω╹。)

ハートキャッチされました!
満足度ランク【AA】!!
関連記事
web拍手 by FC2

Comment

コメントする





管理者にだけ表示を許可する

Trackback

©2018 ぶっきら感想文庫