L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

ブラック★ロックシューター #7「闇を駆ける星に願いを」

只々汚れていく ”ことりとり”
brs7hufy
本当の気持ち ブラック★ロックシューター第七話のぶっきら感想!
▼裏世界パート #7
brs7ajis
今度はユウ(表)がマトに話し掛ける
今話はほとんどが裏世界パートでしたねー。
マトやユウ(表)が入り込むのと同様に、3DCGだけだった裏世界にアニメーションが混合されて実に表情豊かでした!!
ユウ(表)の言葉が届き、目覚めたマトは必死にBRSを止めようと叫ぶ。
「やめて!私は貴女に戦ってほしくないんだ!!」
自ら足を撃ち、マトの抵抗を振り解くBRS。自傷するとマトは痛がるのに、ユウ(裏)に攻撃されて痛がらないのは何故なんだぜ?

マトとBRS
「本当は気付いてた。私は逃げてるんだって…」
「BRSは私にとってのことりとり」
「只々汚れていくことりとりに憧れた」

傷付きたくない・嫌われたくないから”良い子”でいたマト。
マトは悩みそのものを憎んでいて、悩む自分を否定する・悩む誰かを助けようとする、その気持ちがBRSとなっている…とのこと。成程。
家族等へのインタビュー形式でマトの人柄を説明する演出が光る!

ユウとストレングスと世界の交換
「君には私を守る義務があるんだよ!ストレングス!!」
ユウ(裏)=本物  ユウ(表)=ストレングス
説明キタ━━(゚∀゚)━━!!!!! 完全に入れ替わっていたのですね。
いきなり豹変し裏世界で喋り出すユウ。両手の機関銃かっこいいぜ!

裏世界=現実の少女たちの苦しみや悩みが生み出した世界。
”もう一人”の少女達は本来感情は無く、本能で戦う。
そんな世界にBRSが現れた…。
やはりBRSだけ特別扱いですね。誰かを助けようとするマトの気持ちが反映されて好戦的で強いってことなのかな。

ユウの苦しみが凄まじい質量をもっていたため、ストレングスに感情が生まれた。 悩みが消えても、また新たな悩みが生まれるからストレングスにいなくなられたら困るとユウは話していましたねー。だから”交換”した、と。
中々にファンタジーですね。世界で一番苦しんだ人間に特殊能力が~!的な幻想は誰もが一度は抱きます…よね!?(笑)

ユウにとって裏世界はシェルター。
本当に逃げているのはマトではなく、ユウ。

思い出したヨミ
自力で思い出したwww 友情の力は美しいね(^ω^)
ヨミだけでなく、カガリも「どこかが痛い…」と呟いていました。
デッドマスターだけでなくチャリオットも復活したら燃えるんだけどなー

最終回、期待しましょう!
関連記事
web拍手 by FC2

Comment

  • brsヲタク
  • URL

ことりとりって、まだ相当ページのこってますよね。なにが描かれてるのかきになります。このサイトなかなかいいですね。これから見ていこうとおもいます。ちなみに、サブタイトルはミクの歌の歌詞から使われています。

  • ぶっきら
  • URL

常連さんが増えて嬉しいです(´u`)
BRSは詳細な設定が練られていて熱心なファンを多く抱えていますね。最終回楽しみです

コメントする





管理者にだけ表示を許可する

Trackback

©2019 ぶっきら感想文庫