L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

【総評】 謎の彼女X

nazokano100nazokano00
該当作品放送期間話数
▶ 謎の彼女X'12年4-6月全13話

▼ 概要

“正体不明”の恋愛漫画
唾液で感情を伝達する特殊な能力を持ち、「ハサミ」が趣味という変わった高校2年生「謎の彼女X」と主人公の恋を描く。作品のテーマは17歳という微妙な年齢の男女関係の不安定さや、男性から見た女性の情動の不可解さ。タイトルの「X」は、ヒロインが持つハサミの形からも来ている。作品中に男性のフェティッシュがちりばめられている。
(wikipediaより引用)
▼ 感想

マニアックな行為、純粋な恋愛模様。
唾液を舐めさせて意志疎通、という奇妙極まりない行為が毎話行われるワケですが・・・(笑)
付き合うという事に戸惑いを感じたり、
ちょっとしたステップアップに嬉しくなったりと、高校生カップルならではの甘酸っぱい恋愛事情が本作には詰まっておりました。

古臭さを放つキャラクターデザイン・・・
舌足らずで妙にリアルな声優陣の演技・・・
どこか懐かしいOP・ED主題歌・・・
どれもこれも愛着を持つに相応しい(?)演出要素でした。

卜部みたいなタイプの女の子とでも、付き合うことで男子高校生の日常は青春色に色付くものですよね。ドキドキさせていただきました。
満足度ランク【B】!!
関連記事
web拍手 by FC2

Comment

  • brsヲタク
  • URL

日曜日もここに来た。
謎の彼女Ⅹ、かなり濃密なアニメでした。
最近の若者は(俺も若いけど違う)、
付き合っても飽きたら速攻で別れちゃうんですよね。
そんな人達を見てると、もっと「恋愛」をしたらどうか。
と、考えてしまいます。
「謎の彼女Ⅹ」、素晴らしいアニメでした。

コメントする





管理者にだけ表示を許可する

Trackback

©2019 ぶっきら感想文庫