L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

【総評】 N・H・Kにようこそ!

nhk102
nhk00
該当作品放送期間話数
▶ N・H・Kにようこそ!'06年7-12月全24話

▼ 概要

「これは…陰謀だ! 悪の秘密結社"NHK"…
『日本ひきこもり協会』の陰謀なんだ!」

大学を中退した引きこもりの青年と、それを救うことが目的という少女を軸に、引きこもりの葛藤する姿を誇張も交えつつ描いた作品。作品の題名にある「NHK」とは、日本の公共放送であるNHKこと日本放送協会の略ではなく、日本ひきこもり協会の略である。
(wikipediaより引用)
▼ 感想

公共放送"NHK"に入社して番組制作をする・・・そんな話だと勘違いしてました(笑)まさか”引きこもり”を筆頭に、宗教、自殺、薬物依存、マルチ商法、ネトゲ依存 等の社会問題をコミカルに描いた作品だったとは・・・
一方で、エロゲ制作に熱を注いだりと、ヲタクに至る軌跡を垣間見れるのも面白い。

名言の多い、メッセージ性の濃い作品でもありました。
「ドラマチックな死は僕らにはふさわしくありませんよ」は二段構えで印象に残る言葉でしたね。

主人公が等身大で、共感できる恰好良いキャラだったのが良い。
「例え部屋に閉じ籠っていたとしても、何か目標を持って行動している間は引きこもりじゃない(キリッ」が何故か印象深い(笑)
最終話で彼が辿り着いた結論には感動しました。
声優さんの声質・演技はもっと評価されていいと思うの。

佐藤と岬ちゃんの関係性は素敵なものではないが、非常に理想的な関係だと思う。岬ちゃんが佐藤に目を付けた理由・・・彼女の弱さもまた胸を打ちますね。

第一話を見てハッとした。このアニメ・・・BGMを含め音響演出が凝っている!
人間臭い挿入歌が多いのも良かったなぁ・・・

コミカルさ故に、割と気軽にサクサク視聴できるが、
視聴後に思い返してみると、ジワジワとくる奥深さがある作品だ。
満足度ランク【AA】!!
関連記事
web拍手 by FC2

Comment

コメントする





管理者にだけ表示を許可する

Trackback

©2018 ぶっきら感想文庫