L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

【総評】 氷菓

hyouka100
hyouka00
該当作品放送期間話数
▶ 氷菓'12年4-9月全22話

▼ 概要

『氷菓』とは、米澤穂信の小説〈古典部〉シリーズ『氷菓』『愚者のエンドロール』『クドリャフカの順番』『遠まわりする雛』を時系列順に再構成したアニメ化作品。
第5回角川学園小説大賞ヤングミステリー&ホラー部門奨励賞受賞作。

(wikipediaより引用)
▼ 感想

日常的な謎に挑むミステリー、面白いですね。
突拍子の無い事件の謎よりも好奇心が擽られる
まさに「わたし、気になります!」状態。
hyouka600

本作のキャッチフレーズ『青春は、やさしいだけじゃない。痛い、だけじゃない。ほろ苦い青春群劇――』
いまいちピンとこないキャッチフレーズですが(笑)
確かに終盤は ほろ苦い口当たり。風通しの良い作品でした。

時系列を整理したのはグッド!違和感は全く無かった。
しかし、各回の区切りが悪く、面白味を感じることなく終わる回も度々ありました。淡々とした映像作品という印象。
ただ、映像美術は本当に素晴らしい
カメラアングルや演出で魅せるシーンもあるが、感心するのはキャラクターの基本動作や背景美術を常に最高水準で保ち続けたところ。
文化祭の回を例に挙げると、廊下や教室の装飾に拘り、大量のモブにも一切手を抜かず、且つ背景の奥行き感を存分に描写している。
キャラクターの表情も実に豊かでした。

脚本演出作画人物音楽構成
7710645

個人的満足度は満足度ランク【B】!!ですが
データベースに結論は出せません!

関連記事
web拍手 by FC2

Comment

コメントする





管理者にだけ表示を許可する

Trackback

©2018 ぶっきら感想文庫