L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

【総評】 新世界より

sinsekaiyori100
sinsekai00
---▼(概要)---------
SFの範疇ではあるが、ホラー・冒険小説・ミステリーの要素も含んでいる。あらすじにて後述するが、1000年後の日本を舞台としており、現代とは生物の様相や社会常識等が異なっている。
---▼(あらすじ)-------
偽りの神に抗え。
1000年後の日本。人類は「呪力」と呼ばれる超能力を身に着けていた。注連縄に囲まれた自然豊かな集落「神栖66町」では、人々はバケネズミと呼ばれる生物を使役し、平和な生活を送っていた。その町に生まれた12歳の少女・渡辺早季は、同級生たちと町の外へ出かけ、先史文明が遺した図書館の自走型端末「ミノシロモドキ」と出会う。そこから彼女たちは、1000年前の文明が崩壊した理由と、現在に至るまでの歴史を知ってしまう。禁断の知識を得て、早季たちを取り巻く仮初めの平和は少しずつ歪んでいく。
(wikipediaより)

---▼(感想)-----
原作が面白いらしいですね。確かに読み込むと奥が深そうです。
アニメ版はどうしても解説不足に感じてしまいますね。
敢えて説明不足にしている事柄や描写不足な部分も多いのかも。

※全話視聴出来ませんでした。
理解する前に思考停止してしまったクチです。
ある程度、前知識を入れておいて損はないかと。
私は第12話まで頑張りましたが、肌に合わないと感じ、切りました。
面白くなるのはそれ以降だったかも知れません。

誰も得しないレビューになってしまいました^^;
申し訳ない。満足度ランク【D】!!
(ランクの説明はこちら)
関連記事
web拍手 by FC2

Comment

コメントする





管理者にだけ表示を許可する

Trackback

©2019 ぶっきら感想文庫