L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

【総評】 夏色キセキ

natuirokiseki100
natuiro00
該当作品放送期間話数
▶ 夏色キセキ'12年4-6月全12話

▼ 概要

声優ユニット・スフィアの4人が主要担当声優を務めており、それぞれの特徴を踏まえたキャラクターデザインとなっている。元々、スフィア結成時に4人を主役にしたアニメを作る構想があり、それが3年の時を経て形となった作品である。
▼ あらすじ

4人だけの秘密は、夏色の空に溶けたキセキ
朝起きて、学校に行き、放課後は友達と過ごす。
楽しいことも、悲しいことも、4人一緒に体験する。
ずっと続くと思っていたあたりまえの毎日。

そんな彼女たちに、ひと夏のキセキが舞い降りる。
これは、下田の町で育った4人の少女の物語。

暑くてさわやかな夏色キセキがきっとあなたを包み込む…。
(wikipediaより引用)
▼ 感想

スフィアは、寿美菜子さん、高垣彩陽さん、戸松遙さん、豊崎愛生さんの4人で09年2月に結成されたユニット。声優ファンには嬉しいアニメだったのかも知れませんね。
正直、第一印象はあまり良くなかった。如何にも”声優ありき”だと言わんばかりの独特のノリ。等身大女子キャラクターの姦しい掛け合い劇・・・タイトルから受ける爽やかな印象はいまいち感じられなかった。
しかし物語終盤、”友情”や”青春”をテーマに掲げているだけあって、夏の終わりの様な名残惜しい気持ちにさせられた。振り返ってみれば、粗は捜さずとも見えてしまうものの、決して悪くないアニメだったという結論に行き着きました。なんだそりゃ。
脚本演出作画人物音楽構成
445466

満足度ランク【C】!!
関連記事
web拍手 by FC2

Comment

コメントする





管理者にだけ表示を許可する

Trackback

©2019 ぶっきら感想文庫