L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

【総評】 あいまいみー

aimaimi100
aimaimi-003
 ≪下記の作品を評価対象に含めます≫    放送開始:2013年01月
◆ちょぼらうにょぽみ劇場 あいまいみー(第1期)
◆ちょぼらうにょぽみ劇場第二幕 あいまいみー -妄想カタストロフ-(第2期)
◆あいまいみー -Surgical Friends-(第3期)
---▼(概要)---------
単行本第1巻の紹介に「常識に縛られない4コマ。」とあるとおり奇想天外な展開を特徴とするギャグ漫画で、2011年4月放送のテレビ番組「人志松本の○○な話」において4コマ漫画に詳しい芸人・向清太朗により“今の時代には早すぎる漫画”との意味で「未来の4コマ漫画」と評され、注目された。4コマ10本から15本前後で1話を構成するが、全話を一貫する物語性は無い。
作者・ちょぼらうにょぽみは、下ネタ、不条理ギャグ、単なる不条理、作者登場、他作品ネタなどに対して一切の躊躇がない。尚、作中にも登場している。
アニメ版は5分枠にて放送された。第1・2期共に13話ずつ放送。第3期は全12話。

---▼(あらすじ)-------
aimaimi43
この物語は―――
・(1話)漫研に所属する女子高生、愛、麻衣、ミイが天才漫画家と呼ばれるまでを描く、奇跡と感動の物語である。
・(2話)作者が子ども時代にスーパーファミコンのソフトを容赦なく盗まれた悲しい過去を振り切るため、頑張って書いた漫画が映像化されたものである。
・(3話)作者が『こんな年金もあてにならない時代に本当に漫画家でやっていけるのか、少しは保険を見直したり内職でもした方がいいんではないだろうか』という気持ちを抑え書いた漫画が映像化されたものである
・(4話)作者が西に黄色い机を置いたり、カーペットをピンク色にしたりして、風水にこだわった甲斐があり映像化されたものである
・(5話)初稿料が6ページ描いてマウスパット1枚だったという驚きのブラックぶりを見せ付けた作者が、ウサギとカメ理論的な頑張りで後に描いた漫画が映像化されたものである
・(6話)作者の子供が凄くしゃくれているため、『歯の矯正をしないと大変な事になってしまう』と頑張って描いた漫画を映像した物である
・(7話)学生時代、ゴルフ場の横を自転車で通ってる時に、しゃっくりで倒れ、芝生の上で横になり回復を待つも、歩行者から『酔っ払いが日向ぼっこしてる』と通報された作家、ちょぼらうにょぽみが描いた漫画が映像化されたものである
・(8話)格闘ゲームが大好きな作者が『学校なんて行ってたら強くなれねえべな』と、学校に行くフリをしてずっとゲーセンにいて、帰りの電車の中、『私将来どうなっちゃうのかな。そうだ、万華鏡作ろう!』そう思っていたが、やがて母になり、家庭を守るために描いた漫画が思いの外上手くいき映像化されたものである
・(9話)学生時代ずっと親から暗い子だと思われていて、家で少し高い声を出そうものならビックリされてしまうという、驚きの外弁慶ぶりを見せ付ける作家ちょぼらうにょぽみが描いた漫画が映像化されたものである
・(10話)作者がアフレコ現場に行った際、女性声優の可愛らしさに圧倒され、努力では越えられない壁を感じ、『何故こうも神とは不平等な事をするのか?私は何か前世で悪い事でもしたのか?でもあんまりじゃないか!人間とは何だ!?私は処女のホットパンツになりたい(ry
・(11話)初めてライブハウスに行った際、自分ではノリノリのつもりで聞いていたにもかかわらず、『何しけた面してんだ。葬式じゃねぇんだぞ、出てけ!』とステージ上のボーカルから罵られた過去を持つ作者が、トラウマを乗り越えて描いた漫画が映像化されたものである
・(12話)チョコレートを包む銀紙を10年以上漫画の単行本に挟み、まるで金塊のようになった紙を見て『財産だ! 財産だ!』と叫ぶ夫を持つ作家、ちょぼらうにょぽみが描いた漫画を映像化したものである
・(13話)人生の袋小路に立たされた末、道を切り開くため描いた漫画が皆さんのお陰で映像化されたものです、ありがとうございます。

---▼(感想)-----
時代を先駆けた手遅れアニメ。
脳がとろけそうな程にぶっ飛んだキチ○イネタの集大成。
濃密且つショッキングなショートアニメでした。
ちょぼらうにょぽみは10年に1人のクレイジー漫画家だと思う。頭おかしい。原作の4コマ漫画も読みましたが、ひとつひとつがクッソ面白い。勿論アニメ化ならではの演出も見所だ。

ナレーションは概要でも記述している芸人・向清太朗。彼のナレーションがまた良かった、グッドです。麻衣役の”内田 彩”さんもクセになる良い演技だ。

主題歌のギター演奏はマーティ・フリードマン。また貴方か。

なんとなしに比べてしまうのが『てーきゅう』。
てーきゅうと比較して優れている点は、台詞が聞き取りやすいところでしょうか。安定した不安定作品でした(笑)
脚本演出作画人物音楽構成
772664
満足度ランク【BB】!!
関連記事
web拍手 by FC2

Comment

コメントする





管理者にだけ表示を許可する

Trackback

©2018 ぶっきら感想文庫