L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

【総評】 リトルバスターズ!(アニメ版)

ritobasu100
ritobasuani00
 ≪下記の作品を評価対象に含めます≫    放送開始:2012年10月
◆リトルバスターズ!(第1期)  ◆リトルバスターズ! 〜Refrain〜(第2期)

---{▼概要}-------
略称『リトバス』。原作は2007年にKeyより発売された恋愛アドベンチャーゲームで、18禁版の『リトルバスターズ!エクスタシー』やスピンオフ作品『クドわふたー』等も発売されている。
基本的には従来通りの選択型恋愛AVGなのだが、このゲームの最大の特徴として、ストーリー中にバッティング練習やバトルランキングなどのミニゲームが多いことが挙げられる。ゲームとしてのテーマは「友情」
(wikipediaより)
---{▼感想}-------
原作組です。原作の方が面白いのは大前提としまして、感想を述べます。

まず最初に、本作は待ちに待った切願のアニメ化作品だという点から。待ち望んだと言っても、Key原作のアニメ化といえば”京都アニメーション”の製作が願わしく、本作製作である”J.C.STAFF”では正直不安であった。と同時に期待していた。

期待には届かなかったが、原作順守の姿勢で、適当に作っていないのが伝わりました。
作画は柔らかい絵柄になったものの雰囲気を正しく掴んでいたし、各ヒロイン√に関しては上手くまとめていたと思います。良い製作会社に当たったなぁ、と何度も感じました。

前置きはここまでにして、結論をストレートに述べさせて頂くと、
退屈でした。本当に何故か、面白くない…
正直原作もリフレイン(終盤のエピソード)までは並の脚本なのですが、ゲームプレイ時は笑いが止まらなかった台詞が、アニメではクスリともこない。
一方で、「あるぇー(;・3・)こんなしょうもない会話してたっけ・・・?」と白けてしまうことも度々ありました。

思い出補正もあると思いますが・・・。やはりテンポの演出の違いなのかな。原作をプレイしてなかったらまた違ったかも知れません。
アニメは何だか見ていて恥ずかしかった。

--▼【総評*1行表】----
脚本演出作画人物音楽構成
557574
満足度ランク【C】!!
関連記事
web拍手 by FC2

Comment

コメントする





管理者にだけ表示を許可する

Trackback

©2019 ぶっきら感想文庫