L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

【総評】 スペース☆ダンディ

dandhi100
dandhi004
---{▼概要}-------
「スペース☆ダンディ」は、「カウボーイビバップ」「マクロスプラス」「サムライチャンプルー」「坂道のアポロン」といった名作アニメを手がけてきた渡辺信一郎さんによるオリジナルアニメ。宇宙を舞台に"宇宙人ハンター"である主人公が繰り広げるSFコメディで、制作はボンズが担当。また、「カウボーイビバップ」でシリーズ構成を務めた信本敬子さんが脚本として参加している。全26話。
(wikipediaより)
---{▼感想 ※批判注意}-------
タイトルとは裏腹にミステリアスで数的なエピソードが多い本作。
着眼点は面白いが敢えて大雑把にしてしまっているSFストーリーの数々。基本一話完結で毎回脚本家が異なる。好き勝手させられる環境に置いて様々な路線を試す方針なのでしょうか。

物語は破天荒といえば破天荒。主人公が死んでしまう事も幾度かある。
・・・悪くは無いんだが、なにか物足りない印象を受けました。
制作陣が豪華豪華だと言う割には凄みが感じられない。
作画は手を抜いている所が多いし、BGMは統一感がない。

残念ながら脚本にも人物像にもダンディズムは感じない。知的好奇心がくすぐられるでしょ?と言わんばかりの話が毎回ナレーションで加えられるが、放り投げるのが早すぎて後付けにしか感じない。「宇宙って不思議だなぁ」と、ぼんやりした感想しか出てこない。

SFファンを沸かせたいならもっと渋く作れば良かったのに。でなければもっと馬鹿馬鹿しくて痛快な作品にして、SF話は後味が変わる程度でも良さそうなものです。
どうしてこんな気怠い雰囲気の作品になってしまったんだ。
かと言って"アンニュイさ"とも遠い気がするし・・・うーん。

--▼【総評*1行表】----
脚本演出作画人物音楽構成
556474
満足度ランク【D】!!
関連記事
web拍手 by FC2

Comment

コメントする





管理者にだけ表示を許可する

Trackback

©2019 ぶっきら感想文庫