L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

【総評】 ウィザード・バリスターズ 弁魔士セシル

sesiru100
sesiru00
---{▼概要}-------
魔術とそれを用いた事件や解決後の訴訟が日常化し、弁護士ならぬ弁魔士が必要とされるようになった西暦2018年の東京を舞台に、史上最年少の弁魔士である須藤セシルの活躍を描く。
キャッチコピーは「須藤セシル、入廷します!」。制作は、『ガリレイドンナ』ととほぼ並行して進められている。
(wikipediaより)
---{▼感想}-------
魔術×法廷!!着眼点や良し!!
第一話はホント物凄い。
あのクオリティを保てていたらSランクアニメでしたね。

しかし視聴を続けるうちに
・・・このアニメにディアボロイド(ゴーレム)っていらなくね?
・・・そもそも裁判パート自体いらなくね?

と思ってしまう程に演出・脚本が破綻状態に。
頼りの作画も徐々に崩壊してしまい・・・
第一話で大興奮してしまったクチなので正直ガッカリでした--;

キャラや装飾デザインが素晴らしかった印象。
事務所のカメレオンぽい上司とか、警部のおねーさんとか。
主題歌のLiaさんもグッドでした。
 JUSTITIA / Lia
 (ウィザード・バリスターズ-弁魔士セシル- OP)
 瑞々しい伴奏に加え、Liaさんのクリスタルボイス!
 上昇気流に乗る様な勢いと心地良さが在ります。
--▼【総評*1行表】----
脚本演出作画人物音楽構成
338564
満足度ランク【C】!!
関連記事
web拍手 by FC2

Comment

コメントする





管理者にだけ表示を許可する

Trackback

©2019 ぶっきら感想文庫