L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

【総評】 ストレンジ・プラス

sutorenzi100
sutopura00q

 ≪下記の作品を評価対象に含めます≫    放送開始:2014年01月
◆ストレンジ・プラス(第一期)    ◆真 ストレンジ・プラス(第二期)
---{▼概要}-------
『ストレンジ・プラス』(STRANGE+)は、美川べるのによる日本の漫画作品。「コミックZERO-SUM」の創刊当初から連載しており、女性向けギャグとしてはけっこうな長期連載作品。少女向けマンガとしては非常に勢いとテンションが高く、下ネタ(オッサン、尻もしくはその両方)やマニアックなネタが多い。峰倉かずや、羽海野チカ、織音、武内崇などが単行本の帯を描いたこともあり、ギャグ漫画として高い評価を受けている。
(wikipediaより)
---{▼感想}-------
アニメ化おめでとう!
原作の販促にすらなりそうもないが・・・(´;ω;`)どうしてこうなった

原作を読んで「これは最高のギャグ漫画だ!」と思った時期がありました。腹がよじれるほど笑った記憶があります。(単行本6巻あたりから勢いが落ちてきましたが・・・)

原作は漫画ならではの吹き出し・コマを利用したシュールなギャグが多く、どう考えても映像化出来ないだろうと放送される前から思っていましたが、予想通り全く良さが伝わらなかった。
黒歴史だコレ・・・原作読もう・・・

---(追記:2014.09.29)---
2期はかなり面白く変わっていました。テンポが良くなり、原作通りの丁寧なネタチョイスがグッドでした。
が、やっぱり評価大して変わらず・・・どう足掻いても映像化は無理だったんや・・・そもそもキャラが何喋ってるか聞き取れないんだよなー。残念。

--▼【総評*1行表】----
脚本演出作画人物音楽構成
312231
満足度ランク【D】!!
関連記事
web拍手 by FC2

Comment

コメントする





管理者にだけ表示を許可する

Trackback

©2019 ぶっきら感想文庫