L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

沙耶の唄 感想

おすすめ度:★★★★★★★☆☆☆
タイトル沙耶の唄
公式ジャンルサスペンスホラーADV
フィーリンググロ スリリング
メーカーニトロプラス
脚本家虚淵玄
発売日2003年12月26日
主人公知覚障害を負った医大生
ストーリー
★★★★★★★☆☆☆
文章表現
★★★★★★☆☆☆☆
キャラクター
★★★★★★☆☆☆☆
読み易さ
★★★★★★☆☆☆☆
CG
★★★★★☆☆☆☆☆
サウンド
★★★★★★★☆☆☆
ゲーム性
★★☆☆☆☆☆☆☆☆
おすすめ度
★★★★★★★☆☆☆

---{▼概要}-------
『――それは、世界を侵す恋。』
『沙耶の唄』(さやのうた)は、2003年12月26日にアダルトゲームブランドのニトロプラスから発売されたアダルトゲーム。 脚本は虚淵玄。
1プレイの目安が5時間、エンディング数が3と少ないかわりに、定価4800円(税別)という低価格で発売され、いわば廉価版的存在となっている。
作品中で登場人物に「昔読んだ、漫画で…」とぼかして語らせたように手塚治虫の漫画『火の鳥・復活編』のオマージュのような内容になっている。またクトゥルフ神話の要素も取り入れられており、表立った設定や用語は殆ど見られないものの、狂気、異界、禁忌といったエッセンスを強く再現している。
(wikipediaより)
---{▼感想}-------
知覚には、抗えない。

純愛モノとして名高い、且つ『グロゲー』の代名詞となっている”沙耶の唄”。ようやくプレイしました。
・・・グロいとわかっているとなかなか手が伸びませんね。手を取るのに10年かかりました(笑)
プレイ直前までおっかなびっくりでしたー。
そんな私と同じ心境の方へ一言。
トラウマゲーではないから大丈夫大丈夫!
本作は”演出緩和機能”が付いており、最初にグロ度合いが選べます。私は通常モードでやりましたが、それでも視覚的にはそこまでアレではなかった。

さて、肝心の内容ですが、
”狂気”を主観的&客観的に捉えられる点が魅力だなぁ、と。
狂ってしまった知覚の前には、モラルなどいとも容易く取っ払えてしまうものなのですね。”狂気の疑似体験”が楽しかったのかも知れません(笑)

▼【良い点】
・適度な恐怖心がクセになる!
・エンディングはどれも良質。
・凝縮した内容と、丁度いいプレイ時間

▼【残念な点】
・強烈と言えるシーンが意外と少ない
・消化不良度10%


▼【こんなシーンが欲しかった~一例】
・沙耶の本当の姿を見て変貌する郁紀
・変わり果てた姿の瑶を救出
・耕司が事件を何らかの形で後世に残す
 ・・・などなど、飽くまで個人的な意見です^^;

ホラーもたまにはいいですねぃ
関連記事
web拍手 by FC2

Comment

コメントする





管理者にだけ表示を許可する

Trackback

©2019 ぶっきら感想文庫