L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

【総評】 さばげぶっ!

sabagebu100
sabagebu00
---{▼概要}-------
『さばげぶっ!』とは、「ほんとにあった!霊媒先生」(講談社)で知られる漫画家、松本ひで吉による漫画である。2011年1月号より月刊少女漫画雑誌「なかよし」(講談社)にて連載。女子高生たちが部活動としてサバイバルゲームに興じるギャグ漫画である。アニメは全12話。
(wikipediaより)
---{▼感想}-------
主人公・園川モモカが、いとも容易く行うゲス行為にツッコミを入れたら負けなアニメ。
sabagebu21
サバゲーを題材にしながらも、濃い味のギャグで面白い、好感度の高い作品でした。
ド外道っぷりをネタにしているあたり、”なかよし”に連載されている事が最大のギャグだ。

キャラクターがたっているし、気楽に見れる空気感が良い。12話で終わってしまったのが凄く名残惜しい。
ただ、面白さのピークは最初の3~4話までだったように思う。
中盤からアニメオリジナルの部分が増えてくるが、どれも大変つまらない。それが無ければもっと高評価だった。

正直、サバゲーアニメの中で断トツで面白かった!
ナレーション「じゃあまた第2期に・・・戻ってくるぜ」(妄想願望)

learn together ぴてぃぱてぃサバイバード / ゲスかわ☆ガールズ
                  (さばげぶっ! ED)
 おフザケ感でいっぱい。でもじつはだいすき~♪
 今期のNo.1中毒ソング!弱電波具合がクセになる。


--▼【総評*1行表】----
脚本演出作画人物音楽構成
554764
満足度ランク【BB】!!
関連記事
web拍手 by FC2

Comment

コメントする





管理者にだけ表示を許可する

Trackback

©2019 ぶっきら感想文庫