L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

【総評】 繰繰れ!コックリさん

ggr100
ggr00
---{▼概要}-------
『繰繰れ! コックリさん』(ぐぐれ コックリさん)は、遠藤ミドリによる日本の漫画作品。2014年10月より12月までテレビアニメが放送された。全12話。
---{▼あらすじ}-------
自称「人形」の電波少女市松こひなが、怪しげな術で狐の物の怪コックリさんを呼び出した。取り憑くはずが、一人ぼっちのこひなを心配して献身的に家事をこなす姿はまるで"オカン"。おまけに、こひなを激愛する狗の物の怪狗神と、ダメ親父の化け狸信楽も住み着いて、コックリさんの苦労は3倍に。電波少女と時にイケメン、たまにモフーンな3匹のアニマル達が織り成す"非日常系モフモフコメディ"。
(wikipediaより)
---{▼感想}-------
人形とイケケモと時々カプメン。
詳細?ggrks
ggr5
ギャグのネタと主題歌はカプメン顔負けのチープクオリティでしたが、アニメの出来は良くて面白かったです。

やや女性向けのコンテンツな為、ノリが寒い、イケメン描写が気持ち悪い等の受け付けない部分はありました。が、女体化やマスコット化もしてくれるので男性視聴者も安心(?)なのです。
女性はコックリさん(CV:小野大輔)を、男性は市松(CV:広橋涼)を愛でればいいのではないでせうか。広橋さんprpr

私男だけど、信楽おじさん×女体コックリさんの回はたまらんかった。基本的に信楽は好きです。
作中のBGMが良かった記憶があります。

賑やかでどこかあざとい感じのする作品でしたね。
--▼【総評*1行表】----
脚本演出作画人物音楽構成
355554
満足度ランク【B】!!
関連記事
web拍手 by FC2

Comment

コメントする





管理者にだけ表示を許可する

Trackback

©2019 ぶっきら感想文庫