L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

【総評】 SHIROBAKO

shirobako100
shirobako00
---{▼概要}-------
『SHIROBAKO』(シロバコ)は、P.A.WORKSによる日本のテレビアニメ作品。全24話。2011年に放映された『花咲くいろは』に続く「働く女の子シリーズ」第2弾。
---{▼あらすじ}-------
県立上山高等学校アニメーション同好会に所属していた宮森あおい・安原絵麻・坂木しずか・藤堂美沙・今井みどりの5人は、自主制作アニメーション『神仏混淆七福陣』を制作し、いつか必ずまた5人でアニメーション作品を作ることを誓い合う。
その2年半後、武蔵野アニメーションに就職した宮森あおいは、同社が7年ぶりに元請制作するアニメ『えくそだすっ!』で制作進行を務めていた。
(wikipediaより)
---{▼感想}-------
「アニメーション業界の今が、ここにある。」
アニメ制作会社を題材にしたアニメ。過去に全く無かった訳ではないのですが、それでも新鮮でワクワクしながら視聴させて頂きました。アニメ制作の苦労を描いているからか、自然と応援したくなりますね。その点はちょっとズルい気がしますけれど(笑)
shirobako23
総評として申し上げると、非常に話の構成が上手い作品だ。
説明アニメに成り下がっていない上に、毎回引きのパンチ力が凄い。
『ここの作業が凄い』という場面では、視聴者側も「確かに凄い!」と思えるだけの映像演出も備わっているし、情熱が伝わってくる。
何より勉強になりますしね。アニメの仕事の面白さがわかるよ。
shirobako34
正直、P.A.WORKSさんの判子絵が割と苦手です。
このキャラデザで萌えたことなど一度も無かったのですが・・・本作でやられました。みゃーもりは優秀可愛い(^ω^)睨まれたい・・・。
他のキャラも立ってましたねー。モデルがそれぞれ存在するというのも興味深いです。オッサン陣も魅力満載で嬉しい限り。
shirobako45
妄想を挟んだり、車で爆走するのは、アニメ業界作品の宿命なのでしょうか。過去作へのリスペクトとかだったら嬉しいですよね。

--▼【総評*1行表】----
脚本演出作画人物音楽構成
8777610
満足度ランク【AA】!!
関連記事
web拍手 by FC2

Comment

コメントする





管理者にだけ表示を許可する

Trackback

©2018 ぶっきら感想文庫