L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

【総評】 アイドルマスター シンデレラガールズ

deremasu100a
deremasu00b
 ≪下記の作品を評価対象に含めます≫    放送開始:2015年01月
◆アイドルマスターシンデレラガールズ 1stシーズン(2015年1月~)
◆アイドルマスターシンデレラガールズ 2ndシーズン(2015年7月~)
---{▼概要}-------
『アイドルマスター シンデレラガールズ』は、バンダイナムコエンターテイメントとCygamesが開発・運営する『THE IDOLM@STER』の世界観をモチーフとする携帯端末専用のソーシャルゲーム。2011年11月28日からMobage上で提供され、『THE IDOLM@STER 2』に登場する765プロのアイドルのほか、100人以上のオリジナルキャラクターのアイドルが登場する。主な略称は、「モバマス」「デレマス」などがある。
アニメ版はA-1 Pictures制作。分割2クール形式で、2015年1月から4月まで前半(1stシーズン)が放送され、2015年7月から後半(2ndシーズン)を放送、放送分は全25話。
(wikipediaより)
---{▼1stシーズン後 感想}-------
deremasu55
ゲーム未プレイ、アニメ組の私です。そもそもデレマスとはなんぞや。二代目アイマス的な認識でいいのだろうか。というかゲームでは100人以上いるの!?そこから14人が主役として抜擢されたのだろうか。凄いですねぇ。

流石アイマス、キャラのレベルが高い。
好きなキャラが多すぎて一人に絞れません。それが魅力!
1stシーズンを見て気に入ったのは、杏・みりあ・みくにゃん・きらり・しぶりん・アーニャ・・・あたりでしょうか(^_^)性格が可愛かったり面白かったり・・。
あと、これは視聴前から思っていたのですが、”しぶりん”は洗練されたビジュアルだなーと。似たり寄ったりなキャラ顔の中で、良い意味で浮いて見えます。何故でしょう。
deremasu77
さて内容のお話。前作(?)の『THE IDOLM@STER』と比較すると、しっかり物語が流れている感じがします。キャラに振り回されていないので面白いです。苦難があって乗り越えて―・・・というのも描かれていて、感動できます。
沢山のキャラにスポットを当てている以上、どうしても個々の掘り下げのみで、全体の一部しか見れていない様な感覚に陥ってしまうのですが(笑) まぁ。それは仕方のない部分です。飽くまで”萌え”ありきの感動かなー。

楽曲は言わずもがな、ライブシーンは臨場感があってグッド。
やっぱりアイドルはいいですね!眩しいですし。「ずっとそのままでいてくれー」的な気持ちが込み上げてきます。気持ち悪いですね、ごめんなさい;
三次元のアイドルには一切興味がないんだけどな。不思議だなぁ。

---{▼2ndシーズン後 感想}-------
deremasu88
2クール目からは賛否両論だった本作。全体的に話が暗いと批評を食らっていましたが実際悪い話ではなく、アイドルの成長をきっちりと見せてくれるエピソードばかりでした。導入された美城常務も良い味出していたと思います。
贅沢を言うと、2ndシーズンから提起された問題に対しての解決がフワーっとしていたのが残念。ニュージェネの三人がそれでもアイドルを続ける理由だとか、Pが笑顔に拘る信念だとか説明があっても良かったのかも。まぁそれはただの願望で、完成度が低いとかそういうことではないです。これだけキャラがいる中でよく処理出来ていた脚本だと思います。

作画もCG無しで良く頑張っていました・・・そう”頑張っていた感”が出ていました。省エネを意識しているのが伝わりますし、分割2クール+総集編を3回挟んでいましたから制作環境が相当宜しくなかったのでしょう。ライブシーン等も前作アニマスには一歩及ばぬ結果でした。ぐぬぬ・・・。
頑張ったと言えば、しまうー役のへごちんの演技は目を見張るものがありました!ナイスセンターヒロイン!でもやっぱり僕はみりあときらりをprpr(^ω^)ついでに美城常務prpr(^ω^)

限られた枠にも関わらずキャラ一人一人の心情に踏み込む話作りをした気概と、全体から”頑張っていた感”をひしひしと感じる点を評価したいです。アイドル達と同様、愛すべき作品だ。

--▼【総評*1行表】----
脚本演出作画人物音楽構成
676775
満足度ランク【BB】!!
関連記事
web拍手 by FC2

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントする





管理者にだけ表示を許可する

Trackback

©2019 ぶっきら感想文庫